サイトマップページです。

  • TOP
  • »
  • サイトマップ

サイトマップです

脊柱管狭窄症が治らない理由について

脊柱管狭窄症を改善するために様々な治療法を試しても治らない理由というのは、どういった方法を試しているかにもよりますが、一般的によくある治らない理由をご紹介します。

脊柱管狭窄症の疑いがあるにも関わらず、疲れや使い過ぎによる腰痛だと思い込んでマッサージだけで済ませてしまっている人は危険です。確かに一時的には痛みは改善されますが、すぐにまた症状は戻ってきてしまいます。

それどころか、脊柱管狭窄症はマッサージ方法によってはかえって悪化してしまうこともあるので、まずは整形外科で診察を受け、自分の状態を正しく把握してください。

しかし整形外科に行って診断してもらい、その治療を受けていても脊柱管狭窄症の症状が変わらないという人もいます。この場合の治らない理由には、整形外科の主な治療が根本原因に触れないということに起因します。

整形外科で主に行われる脊柱管狭窄症の療法は、筋肉を温めたり血行を良くしたりすることで痛みを和らげ、人間の自己治癒能力に期待するというものです。

脊柱管狭窄症が軽症であればそれで十分に治るのですが、もっと重症化してしまっていた場合には、この方法だけで完治を目指すのは難しくなります。

このことは意外と知られておらず、温熱療法や投薬である程度症状が治ってしまうので余計に、それが根本的な解決になっていないことに気付かないまま、治らない理由はなんだろうと悩まれる人も多いです。

では治らない理由を踏まえて、脊柱管狭窄症の完治を目指すにはどうすればいいのか。それは、根本部分から原因を解決していくことです。

脊柱管狭窄症はその名の通り、脊柱管が狭窄しているために起こるものです。つまり、この狭くなっている部分を拡げる治療が必要なのです。そのために有効とされるのが、適切なストレッチと生活習慣の改善です。

適切なストレッチは、福辻式ストレッチなど、専門家の先生が書籍や解説DVDに纏めてくださっているものを探すと良いです。ストレッチには様々なものがあるので、購入時には脊柱管狭窄症に対応しているかどうかをしっかりと確認してください。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.