脊柱管狭窄症と診断された方はカイロプラクティックを受けないでください。

カイロプラクティックについて

カイロプラクティックは日本にたくさんありますが、アメリカやドイツでは資格を取得するのに6年かかります。

しかし、日本ではそんなことなく、比較的に誰でも簡単に取得することが出来てしまいます。

日本ではカイロプラクティックの資格を取得するためには、講習会を受けたり、学校に通う程度です。

早ければ数日、学校に通ったとしても、数ヶ月程度で資格を取得できてしまいます。これを聞いてあなたはどう思われますか?正直、そのような人に体を預けることは、普通の方であれば怖いと思われると思います。

しかし店舗を持ち、しっかりとした看板が出ていれば、それなりの先生だと思ってしまうことでしょう。はっきり言いますが、脊柱管狭窄症患者さんがカイロプラクティックを受けることはお薦めしません。

何故かというと、カイロプラクティックの施術を受けたほとんどの患者さんが、術後に症状が悪化したという報告が多いからです。

もちろん中には症状が楽になったというお話しも聞きますが、そのようなことは稀で、9割以上の方が症状を悪化させています。このようなことが起きてしまう要因は間違いなく、治療を行う側の知識不足、技量不足だと思います。

アメリカやドイツでは、まずレントゲンを撮って、どの骨からさわって、どのように施術するかという決まりがあります。しかし、日本ではレントゲンを使ってそのような施術をしているところがほとんどありません。

日本ではほとんどの場合、初診の問診を聞いただけで、施術に入っていくと思います。そして、ボキボキと体を鳴らし、入った、入っていないなどと言って、患者さんを納得させます。患者さんもボキボキと音が鳴れば、自分の体がこれだけずれていたのかと納得してしまうことだと思います。

カイロプラクティックを全て否定するわけではありません。それで患者さんの辛い痛みや痺れが取れればそれでいいのです。

しかし、カイロプラクティックを受け、症状悪化を招いている人があまりにも多い現状があるので、施術を受けることをお薦めしていないのです。

もしあなたが、脊柱管狭窄症で悩み、カイロプラクティックを受けたけど脊柱管狭窄症が治らない、また返って状態が悪化してしまったと悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」を実践してください。

福辻式では無理なことをすることなく、簡単な方法であなたのその辛い脊柱管狭窄症を改善していきます。

福辻式の詳細は下記より確認することができますので、まだご覧になっていない方は一度確認してみてください。きっとこの方法があなたの脊柱管狭窄症を改善するきっかけになるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.