脊柱管狭窄症を鍼灸だけで解消することは困難と思ってください。

鍼灸について

脊柱管狭窄症には様々な治療方法がありますが、その中のひとつに鍼灸治療があります。

脊柱管狭窄症というのは、背骨の中にある神経の通り道が狭くなり、圧迫されることで痛みや痺れが起こるものです。


このような圧迫は、筋肉の過緊張により背骨に余計な負担がかかったり、血行不良により筋肉が強張ってしまったりすることが大きな原因となります。

また、長年の運動不足や加齢で筋力自体が不足して骨を支えきれなくなってしまったために、本来あるべき通り道が狭められてしまうということもあります。

このような脊柱管狭窄症を和らげるために、鍼灸治療で血行改善を行い、筋肉を緩めて症状を楽にすることができます。

また、この方法では鎮痛作用も期待できます。個人差もありますから、どの程度効くかは実際に施術をしてみないと分からないところがありますが、薬やブロック注射に比べると、少ないリスクで痛みを和らげることが可能です。

東洋医学は科学的根拠が薄いから信用できない、不安という人も多いですが、最近では西洋医学の立場からも鍼灸の効果が認められ、研究が進められています。

体に大きなリスクのある薬やブロック注射、手術は東洋医学が体に合わなかった時に考え、まずは鍼灸治療で脊柱管狭窄症の改善を目指していくことも選択肢の一つです。

また、脊柱管狭窄症は1回の施術で治るものではありませんから、何度も施術を受ける必要がありますが、少しずつ脊柱管狭窄症の痛みが和らいでいくので、回数を重ねるごとに楽になっていくはずです。

ただし、ある程度は鍼灸で症状が改善される人もいますが、脊柱管狭窄症になった直接の原因が筋力不足だったり、加齢による腰椎の変形であった場合には、鍼灸で治すことは難しいですし、再発するリスクが高くなってきます。

そこでお薦めしたいのが、福辻式治療法です。福辻式治療法では、脊柱管狭窄症を根本から治すだけでなく、治すと同時に脊柱管狭窄症を再発しにくい体を手にすることができます。

もしあなたが、脊柱管狭窄症による腰の痛みや痺れで悩んでいるのであれば、まずは一度この福辻式治療法を実践してみてください。きっとこの福辻式治療法があなたのその辛い腰の痛みや痺れを完治するきっかけになるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.