関連ページ4です。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ4

関連ページ4について

脊柱管狭窄症になりやすい人

脊柱管狭窄症は主に中高年の方がなりやすい腰の病気と言われ、40代になると発症率が高くなるため注意をする必要があります。

では、この脊柱管狭窄症というのは一体どのような腰の病気なのでしょうか。脊柱管狭窄症というのは、脊柱管と呼ばれる多くの神経が通っている場所が加齢や変形などにより、神経が圧迫を受けることによって、腰の痛みや足の痺れが出る腰の病気です。

では、脊柱管狭窄症はどのような方がなりやすい腰の病気なのか。まずは脊柱管狭窄症を発症する大きな原因は運動不足と言われています。筋肉というのは日頃からある程度の運動を行っていれば、それほど筋肉が衰えるということはありません。

しかし、一定の年齢を越えると筋肉というのは衰えがどんどん始まっていきます。普段から運動を頻繁に行っている人は問題ありませんが、普段運動を行っていない方は、筋肉などが衰えてしまい、脊柱管が狭くなっていきます。

つまり、普段あまり運動を行っていないという人は、脊柱管狭窄症を発症リスクが高くなり、注意しなければならないということになります。

逆に言えば、普段から身体をしっかりと動かすことで、脊柱管狭窄症を予防することができるということになります。

ですが、運動といっても本格的な運動を行わなければならないわけではありません。ウォーキングやストレッチなど、簡単な運動を毎日続けるだけでも実はこの脊柱管狭窄症の予防をすることができます。

また、普段エレベーターやエスカレーターばかり利用している人は階段を利用する、自宅に帰る際は一つ手前の駅から歩くようにするなど、ほんの少しの変化を付けるようにするだけで効果があります。

現代は筋肉を使わない環境が非常に整っているので、少し意識をするだけでも予防に十分繋がりますので、身体が疲れていないときは出来るだけ楽をせずに、少し身体を動かすことを意識してみてください。

また、普段あまり運動を行っていないという方は、これを機に少し身体を動かすようにして、適切な筋力を保つように努力をし、脊柱管狭窄症にならない身体作りをすることをお勧め致します。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.