脊柱管狭窄症で現れる麻痺の症状とその対処法をご説明します。

麻痺について

脊柱管狭窄症の症状といえば、歩くことはできても休憩をしないと歩けなくなる間欠性跛行の症状が特徴的です。

また、この症状がある場合はできるだけ早く治療を行うことが大事です。年齢のせいだからしょうがない、と考えると症状が一気に進行することがあります。

また、間欠性跛行に加えて下肢の麻痺症状があるという場合はとくに要注意です。消炎鎮痛剤、ブロック注射、血流改善薬などの治療法によって軽快することがありますが、改善が乏しい場合は手術を検討します。

また、脊髄や馬尾神経等に腫瘍がある場合も麻痺が起こります。ほとんどは良性のものですが、慢性的な腰痛、下肢痛や麻痺などが現れます。また腫瘍がある程度大きくなると排尿障害や排便障害を起こしますので、ますます日常生活での支障が大きくなります。

麻痺が大きく、神経ブロックの効果が無く、また排尿障害等もある場合は手術を考えます。手術法としては、脊椎の後ろ側の椎弓を切除することで脊柱管を広くする椎弓切除術がよく用いられます。

また最近は内視鏡、顕微鏡、ルーペ等のより切開の少ない手術法も進歩しています。出血量が少なくなり、また輸血も不要で、入院期間も短くて済みます。

手術以外ではリハビリが効果が高いと言われています。痛みが少ない時には積極的にリハビリを行わなければなりません。

腰部の筋肉を鍛えたり、ストレッチによって血行を高めたり、また温熱療法で患部を温めたりすることで症状が軽快し、好転反応が見られるケースは少なくありません。

脊柱管狭窄症は長い治療になるケースがほとんどです。また病気についてよく知り、自分から治すという気持ちで対処していくことが大切です。

脊柱管狭窄症で下肢の麻痺に悩んでいる方には、福辻式腰痛改善プログラム(DVD)がお勧めです。

ストレッチをするだけで麻痺や排尿障害を克服した方がたくさんいます。リーズナブルですぐにでも始められると評判です。

脊柱管狭窄症の症状を改善するためのリハビリは、毎日コツコツと続けることが重要です。そのためにも、やっていて辛くならない、1日5分のストレッチで行える治療法をおすすめします。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、まずは詳細を確認してみてください。きっと、この福辻式治療法があなたを悩ませている腰の痛みや痺れを改善する第一歩に繋がるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.