脊柱管狭窄症のメカニズムをお話しています。

メカニズムについて


脊柱管狭窄症は、加齢によって骨が老化したり姿勢が悪化したりすると、脊柱管という管が狭くなり、その中の神経を圧迫することで起こる病気です。

症状としては、腰の痛み、間欠性跛行、下肢の坐骨神経痛などが主です。脊柱管狭窄症は高齢者に特に多い腰の病で、肉体労働、立ち仕事、デスクワーク等によって腰に負担が蓄積すると発症しやすくなります。

また脊柱管狭窄症の痛みやしびれのメカニズムとしては、脳から腰にかけて下りてきている脊柱管という管が狭くなることで、その中を通っている神経や血管が圧迫され、神経に十分な血液が送られなくなり、下肢に症状を起こします。

腰から下肢までの神経は下肢を支配していますので、痛み、しびれ、灼熱感、間欠性跛行、排尿や排便障害、脱力感、間欠性の勃起、陰部のしびれなど、様々な症状が起こります。

また圧迫を受ける神経によっても症状が変わってきます。神経根が圧迫を受けると、片足だけに症状が起こり、また馬尾の領域に圧迫が起こると両側に広い範囲で症状が起こり、また排尿障害や歩行障害になる確率が高くなります。

また間欠性跛行では、しばらく歩いたり立ち姿勢をとったりしていると足が痛んだり重くなったりして維持できなくなりますが、しばらくしゃがんで前のめりになっていると症状が軽快して、また歩くことができるようになります。

しかし、症状が悪化していくとその歩ける距離が徐々に短くなり、最後は全く歩けなくなってしまい、車椅子生活を余儀なくされることもあります。ここまで状態が悪化すると手術を検討することにもなってきます。

高齢者の方は特に脊柱管狭窄症には要注意です。たとえばスリッパが脱げやすくなったり、歩行していると必ず急な尿意を催す場合は、できるだけ早く治療を開始することです。

初期の症状としては、座っていれば何も問題無くても、30分以上の歩行が難しかったり、前屈すると腰の調子がとてもよく感じる、といったものが挙げられます。

このような症状が出ている方は脊柱管狭窄症の疑いがありますので、一度病院で検査を受け、脊柱管狭窄症と診断をされたら1日も早く治療を開始することです。

もしあなたが、脊柱管狭窄症で悩んでいるのであれば「福辻式治療法」をお薦め致します。既にこの治療法で延べ5万人以上の方が症状を改善しており、元の日常生活に戻ることが出来ています。

またこの治療を行っている福辻鋭記先生は、脊柱管狭窄症の治療歴が30年以上、「日本の名医50人」にも選ばれるなど、雑誌やテレビで数多く取り上げられている先生でもあります。先生の実績、実際に改善された患者さんの数、どれをとっても信頼できる治療法です。

詳しい内容は下記よりご覧いただくことができますので、まずは一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この治療法があなたを悩ませている腰の痛みや足の痺れを改善する第一歩に繋がるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.