脊柱管狭窄症を放っておくと歩行障害になることがありますので注意が必要です。

歩行障害について

脊柱管狭窄症になると、痛みやしびれなどのせいで歩行障害になることが多く、また歩行に関連した特徴的な症状が間欠跛行です。

しばらく歩くと腰の痛みや足のしびれなどが大きくなり、また脱力感が起こったりして歩けなくなります。また前かがみの姿勢を取ってベンチなどで休むとまた歩けるようになる、という状態が続きます。

高齢者の場合は休んで歩けるようになっても、疲労で歩けなくなってしまう場合もあります。また若い方の場合ははじめは1キロくらい歩けても、だんだん歩ける距離が短くなる場合もあります。10分程度は歩ける方もいれば、1分がせいぜいという方もいます。

ではなぜこのような症状が起こるのかというと、歩いていると脊柱管が徐々に狭くなって神経圧迫が強くなっていくからです。また前かがみになると脊柱管が広がりますので、少しの間また歩くことができるようになるのです。

間欠跛行は脊柱管狭窄症の独特の症状であり、また適切な治療を行うことで軽快します。腰を温めたり、痛みが軽い場合は運動療法を行ったりと、細かいケアが必要になります。

また痛みが強い場合は薬を使用して一時的に痛みを鎮めたり、ブロック注射を打つなどの対症療法も使用されます。ブロック注射は肛門のあたりから打つ硬膜外ブロックや、選択的神経根ブロックなどがあります。

またペインクリニックで保険適応で施術を受けることができます。脊柱管狭窄症の治療は長くなるケースがほとんどです。やはり信頼できる先生を探し、症状をしっかりと理解してもらった上で適切な治療をしていくことが大事です。

脊柱管狭窄症による歩行障害で悩んでいる方には「福辻式治療法」をお薦め致します。その理由は、あなたと同じように歩行障害を患っていた多くの患者さんが、この治療法で大きく症状を改善しているからです。

また、この治療法を推進している福辻鋭記先生は、脊柱管狭窄症の治療歴が30年以上、また「日本の名医50人」にも選ばれるなど、雑誌やテレビで数多く取り上げられている有名な先生です。

先生の実績、実際に多くの方が症状を改善している実績、このような実績があるからこそ、あなたに自信を持ってお薦めしているのです。

詳しい内容は下記よりご覧いただくことができます。この福辻式治療法があなたを悩ませている脊柱管狭窄症を改善し、元の楽しい日常生活に戻るきっかけを作ってくれるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.