脊柱管狭窄症は食べ物で予防・改善に繋げることができます。

食べ物について


脊柱管狭窄症の治療には病院で処方される薬や温熱療法、リハビリのほかにバランスのとれた食事と生活習慣の改善が挙げられます。脊柱管狭窄症は、姿勢の悪さや重いものを持つ際の動作で発症リスクが高まります。

いくら正しい治療を受けていても、生活習慣が変わらなければ治らない、あるいは治ったと思ってもすぐに再発してしまいます。

ですから、日常の動作から気を付けていくことが重要になるのです。また日常で気を付ける事、という意味では栄養バランスのとれた食事に気を使うことも大切です。

栄養バランスが崩れれば体の不調を招きます。またできることなら、必要な栄養素に加えて、脊柱管狭窄症に良いとされる食べ物を積極的に摂取することをお勧めします。

具体的な例としては、「カルシウム」や「コンドロイチン」、「グルコサミン」など、骨を丈夫にするものと軟骨の補助をするものを考えると良いです。

ただし脊柱管狭窄症の場合、肥満が腰への大きな負担となるため、まずは肥満を避けるよう高カロリーの食事を避け、適切な運動をするようにしてください。

いくら脊柱管狭窄症に良いとされる食べ物を摂取していても、食べ過ぎや運動不足で肥満になってしまうと、体への負荷の方が大きくなってしまいます。

というのも、脊柱管狭窄症に良いとされる食べ物は、健康を保ったうえで、体に足りない成分を意識的に摂取しようという話であって、改善の助けにはなりますが、これで完治を期待することはできません。

脊柱管狭窄症に良いとされる食べ物は、摂取した方がいいものではありますが、これはあくまでも補助として考え、体への負担を減らすことと、しっかりと治療を行うことを優先してください。

脊柱管狭窄症の治療としては「福辻式ストレッチ」がもっとも効果的です。ストレッチは継続が大事ですが、福辻式では簡単な動きを1日5分と短い時間行えば良いので、日常生活の中に取り入れやすいのも大きな利点です。

もしあなたが脊柱管狭窄症で悩んでいるのであれば、ぜひ実践して頂きたいストレッチ法です。詳しい内容は下記より確認することができますので、まずは一度詳細をご覧になってみてください。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.