脊柱管狭窄症とはどんな特徴を持った腰の疾患かご説明しています。

特徴について

脊柱管狭窄症でもっとも特徴的な症状は、「間欠性跛行」です。

間欠性跛行というのは、足にしびれや痛みが出て歩きにくくなっても、少し前かがみになってしばらく休むと、症状が軽減することです。そのため、休み休み歩いたり、自転車を利用することが多くなります。

この間欠性跛行は、初期は痛みもしびれもそれほど酷くないため、特に高齢の方は年齢のせいだろうと思ってしまい放置しがちです。

しかし放置してしまうとどんどん悪化して、放置した時間だけ改善が難しくなりますので、おかしいなと思ったら早めに病院で診断を受けるようにしてください。

脊柱管狭窄症の特徴的な症状である間欠性跛行ですが、脊柱管狭窄症のタイプによって現れ方が少々異なります。

脊柱管狭窄症というのは背骨にある神経の通り道が狭くなってしまうために起こる疾患ですが、この時圧迫される場所によって、症状に差異が出てくるのです。

大きく分けて2つに分かれ、一つは神経根が圧迫されるタイプ。こちらは左右が別れているため、どちらが圧迫されるかによって症状が出るのが左側になるか右側になるか変わってくるのも特徴のひとつです。

もうひとつは、馬尾が圧迫されるタイプです。これは神経が束になっている部分で、しびれや麻痺のほか、排泄障害が起こったりするのが特徴で、こちらの方が病状は重くなります。

この脊柱管狭窄症を改善するには様々な方法があり、最終手段は手術となりますが、手術をしても再発の危険はありますし、できれば身体にメスを入れずに改善したいものです。

身体にメスを入れずに行う治療方法を保存療法と言い、投薬や温熱療法、コルセットなどによる安静、神経ブロック注射、適切な運動で狭くなってしまった脊柱管を拡げる運動療法などがあります。

特に脊柱管狭窄症を根本から改善するには運動療法がお勧めです。運動療法は症状を改善するだけでなく、脊柱管狭窄症の予防や再発防止にも役立ちます。

もしあなたが、脊柱管狭窄症による腰の痛みや足の痺れで悩んでいるのであれば、運動療法をメインとしている「福辻式治療法」をお薦め致します。

運動療法と言っても過度な運動を行うのではなく、1日5分~10分程度の簡単な運動を行うだけで、脊柱管狭窄症を改善することができます。

また、この治療法で既に延べ5万人以上の患者さんが脊柱管狭窄症を改善していますので、あなたのその辛い症状も改善されるはずです。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、一度詳細を確認してみてください。きっと、この福辻式治療法があなたを悩ませている腰の痛みや痺れを改善する第一歩に繋がるはずです。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ4


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.