脊柱管狭窄症で起こるめまいの症状について詳しくお話しているページです。

めまいについて

脊柱管狭窄症でめまいが起こることは多いです。とくに高齢者に多く、足の痺れや痛みに加えて時々強いめまいが起こると転倒等によって怪我をする可能性が増します。

朝起きる時に部屋の中が回転しているような感じがしたり、色々な症状の出方がありますので、その人の症状に合わせた治療を行うことが大事です。

また頚椎の脊柱管狭窄症でもめまいは起こります。頚椎の骨が狭窄を起こし、脊髄から脳への経路で障害が起こるために起こるものです。

脊柱管狭窄症では血流を阻害するような姿勢を取った時が症状がひどく、また吐き気を伴ったり、気持ちが悪くなって動けなくなることもあります。

めまいというとメニエール病が有名ですが、メニエールだと思っていたら実は脊柱管狭窄症をはじめとした別の要因から起こっていたということも多々あります。ですから、めまいだけがひどい場合でも、他の症状もはっきりさせて総合的に検査を受けることが大切です。

どのような症状があるのか、手や足に痺れがあったり、腰痛、頚部痛、肩の張り、筋肉の緊張等、どんな些細な症状でも一度しっかりと診てもらうことが大切です。

めまいには、時々軽くふらつくという程度のものから、外出中に急にクラクラッと来て立っていられなくなるような危険なものもあります。意識がもうろうとするような場合は特にきちんと診てもらうことが大事です。

脊柱管狭窄症では過激な症状が続きます。また腰や下肢以外にも影響が及び、いろいろな症状の可能性があります。その原因をしっかり判断することは治療のためにとても大切です。画像所見もしっかり受けるために、MRI検査などもしっかりと受けることです。

もしあなたが、脊柱管狭窄症から来るめまいに悩んでいるのであれば、福辻式腰痛改善プログラム(DVD)がお勧めです。色々な症状に効果があり、手術しかないと諦めていた方もこの自然な療法で改善しています。

費用はとてもリーズナブルで、辛い体調で病院や整体、カイロなどに継続して通う必要も無く、自宅で楽に治していくことができます。

下記から福辻式治療法の詳細をご案内しております。きっと、この方法が長いことあなたを悩ませ続けてきた、脊柱管狭窄症を改善する第一歩になると思いますので、一度詳細をご覧になってみてください。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.