脊柱管狭窄症をお風呂や温泉で緩和する方法をお伝えします。

温泉やお風呂での入浴法

脊柱管狭窄症を改善するのに温泉が良いという話は良く聞きます。

のんびりとお湯に浸かるのは体を温めるのに最適で、自宅ではなかなかのんびりできない人でもゆっくりすることができるという利点があります。

また、温泉は家庭用のお風呂にはない成分があり、身体を温めるのにより効果的な場合があります。

どのような効能があるかは湯の成分により異なりますから、脊柱管狭窄症をはじめとした腰痛に良いと言われるところを選ぶと良いです。

とはいえ、家庭用のお風呂が温泉に大きく劣るというわけではありません。自宅でもゆっくりと浸かって入れば脊柱管狭窄症の改善に十分な効果が期待できますし、ちょっとした工夫で温泉にも負けない脊柱管狭窄症への効果が期待できます。

では家庭用のお風呂で温泉と同じくらいに温まって脊柱管狭窄症の症状を緩和できる入浴方法にはどんなものがあるのでしょうか。

まず有名なのは炭を入れる入浴方法です。水の状態で木炭を入れて、そのままお風呂を炊くと遠赤外線効果が出ます。また、浴槽も汚れにくくなり一石二鳥です。

次にゆず湯という入浴方法です。この入浴方法は、冬至の名物として有名ですが、これには科学的に解明できる理由があったのです。

果汁や果皮に含まれるビタミンが肌の保水性を高め、乾燥肌や老化の予防も期待できます。また、ノルアドレナリンという成分が増す効果も判明しており、これにより血行が良くなり、冷え性や腰痛の緩和ができるのです。

このように、入浴方法を工夫するだけでも多くの効果が期待できます。また、さらに脊柱管狭窄症の改善効果を高めたいならストレッチを合わせて利用すると良いです。

お風呂上がりは身体が温まっていて筋肉も柔らかくなっているので、身体が動かしやすいです。こういう時にストレッチを入念に行うことで、気持ちよく筋肉をほぐすことができ、脊柱管狭窄症の症状を改善していくことに繋がります。

ストレッチは、福辻式ストレッチプログラムという手法がおすすめです。数多くの脊柱管狭窄症を診てきた福辻先生が、自宅で脊柱管狭窄症への対策ができるようにと考案されたものです。

DVDで解説しているのでストレッチなどの動きがわかりやすく、1日5分からの短い時間で大丈夫なので、決まった時間に毎日行うといった習慣を作ると良いです。

下記より、実際に脊柱管狭窄症が改善した方の話や、考案した福辻先生について詳しく知ることができますので、脊柱管狭窄症で悩んでいる方はぜひ一度その内容を確認してみてください。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.