脊柱管狭窄症になると足がつることがありますので注意してください。

足がつる原因について

足がつる原因というのは現代医学でも正確にはまだ解明されていませんが、有力な説としていくつかの要因があげられています。

一般的には、運動で疲労をしたあと、きちんと身体をほぐしていないとその疲労が筋肉に残ってしまい、この現象が起こる要因になると言われています。

また、夜中寝ている時にこのような現象が起こるのは運動のほかに、冷えもそのひとつとされています。睡眠中に体温が下がり、血行不良になることによって筋肉が収縮して足がつるのです。

これらはちょっとした身体の不調といった程度で、病的なものではありません。しかし病気が原因となっていることもあります。その要因となる病気のひとつに、脊柱管狭窄症があります。

脊柱管狭窄症は脊椎にある神経の通り道が狭くなり、その結果、神経が圧迫されて痛みやしびれを発症するものです。そのため、脊柱管狭窄症になると神経的な要因でも足がつることがあります。

また、脊柱管狭窄症になると痛みやしびれの症状から動くことが困難になり運動不足になったり、脊柱管狭窄症の痛みなどのストレスから血行不良や筋肉の緊張状態を加速させるため、こちらも足がつる原因になります。

病的ではない場合でも、脊柱管狭窄症予防のための対策は足がつることを防ぐために非常に有効な手段になります。なってから後悔しないためにも、日常生活の中で脊柱管狭窄症予防の対策を行うと良いです。

両方に有効な予防手段で自宅でも手軽に行えるのが、運動療法です。運動療法でも特にお薦めなのがストレッチです。

しかし、間違ったやり方をしてしまうとかえって症状悪化を招くことがありますので、まずは専門家から正しいやり方を学ぶようにしてください。

現在では脊柱管狭窄症対策のための方法が数多く紹介されていますが、当サイトでは「福辻式ストレッチ」をお薦め致します。

延べ5万人以上の腰痛患者を診てきた福辻鋭記先生が、脊柱管狭窄症の治療だけでなく予防にも尽力し、誰でも自宅で手軽にできるようにと考案されたストレッチです。

1日たったの5分、このストレッチを毎日続けることで徐々に症状が改善するだけでなく、腰痛になりにくい身体にすることもできるとても優れたストレッチです。

詳しい内容は下記からご案内していますので、脊柱管狭窄症で悩んでいる方は、一度内容を確認してみてください。きっと、この福辻式ストレッチがあなたの悩みを解決する第一歩に繋がるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.