脊柱管狭窄症の発症年齢について詳しくお伝えしています。

発症年齢について

脊柱管狭窄症は50歳~80歳の比較的年齢の高い方に多い腰の病です。

もちろん、これより若い年齢で発症することもありますが、特に発症が多いこの50歳~80歳という年代は、体の衰えを顕著に感じ始めるころでもあります。

そのため、脊柱管狭窄症の症状を老化現象が原因だから仕方がないと考えて放置してしまう人がいます。しかし実際には、脊柱管狭窄症は年齢に関わらず、適切な予防で防げますし、発症した後であっても、きちんとした治療をすれば多くの場合は改善が可能です。

また、脊柱管狭窄症を発症しやすいのは年齢の高い方ではありますが、職種によっては若い年齢の方でも発症する場合があります。

特に、重いものを持つ仕事で腰に負担を掛けていたり、長時間運転をする方や、デスクワークで座りっぱなしの時間が長いなどという人は要注意です。

脊柱管狭窄症で多い症状は腰の痛みのほか、足のしびれや痛みがあります。普段は意識しないほどのものでも、歩き出すと症状が強くなって動けなくなり、休むとまた歩けるようになるという間欠破行もあります。

これらの状態から改善するには、運動療法がお勧めです。運動療法と言っても様々ありますが、その中でも一番お勧めなのはストレッチです。脊柱管狭窄症に対応したストレッチを毎日一定時間行う事です。

ですが、自己流などは危険です。ストレッチの中には脊柱管狭窄症の人がやってはいけない動作もあるため、脊柱管狭窄症に対応したストレッチを必ず行うようにしてください。もしくは専門医にしっかりと教わりながら実践することです。

ですが、脊柱管狭窄症の専門医といわれる先生はなかなか少なく、適切な対応ができるところは限られています。

当サイトでお薦めしている「福辻式ストレッチ」は、数少ない脊柱管狭窄症の専門医、福辻鋭記先生が考案したストレッチですので、安心して実践することができます。

また、このストレッチで延べ5万人以上の患者さんが症状を大きく改善していますので、自信を持ってお薦めしています。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、まずは一度詳細を確認してみてください。きっと、この方法があなたを悩ませている腰の痛みや足の痺れを改善するきっかけになっていくはずです。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ4


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.