関連ページ5です。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ5

関連ページ5について

脊柱管狭窄症は労災認定が出るのか?

脊柱管狭窄症で労災認定は出るのでしょうか。もちろんさまざまなケースがありますので、認定されるためには、それぞれに仕事の直接的な影響をチェックしたり、症状の進行や腰への負担などについてしっかり説明しなければなりません。

実際、脊柱管狭窄症で労災認定されたケースはたくさんあります。たとえばエアコンの取り付けの仕事をされている方が、現場で室外機を持ち上げた時にぎっくり腰のような症状を起こしたそうです。

整形外科に行って脊柱管狭窄症と診断を受け、外科手術を受けて痛みが無くなったそうです。この場合、組合に相談して労災になることを考え、また組合から意見書を作成してもらうことができるはずです。実際この方は労働基準監督署に意見書を提出し、後日労災認定がおりたそうです。

脊柱管狭窄症という病気は、一般には加齢や日常の習慣によるものだと言われますので、労災にはなりにくいということは言えます。

この方の場合は手術が成功し、その上労災の補償も受けることができたケースですので、非常にラッキーと言えるかもしれません。

また労災がおりた場合、労災保険で治療を受けることができます。鍼灸院でも労災保険指定の治療院があります。医師の診断書、事業所からもらった請求書を持っていくと労災保険適応で治療できます。

脊柱管狭窄症にかかっていても毎日仕事をしている方の場合、急に症状が悪化したような場合はなかなか労災は認定されにくいと言えます。

また労災認定がされないと仕事もできず、収入が途絶えてしまうことになりますので、日頃から腰の調子はしっかり管理しておくべきです。

腰に負担のかかる仕事をされていて腰が重たい、痛みがあるなどの悩みがある方には、福辻式腰痛改善プログラム(DVD)がお勧めです。

簡単なストレッチが基本になっていますので、毎日実行でき、またとても高い効果があります。リーズナブルで、病院や治療院に行く必要がありませんのでとてもお勧めです。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.