脊柱管狭窄症に対する温熱治療についてお話しているページです。

温熱治療の効果

脊柱管狭窄症に有効な治療法のひとつに温熱治療があります。これは脊柱管狭窄症の患部を温めて治そうというものです。

整形外科など医療機関では電気による温熱治療を行う機器を置いているところが多いです。また温熱治療の良いところは、家でも手軽にできるということです。

温熱治療を行うための機器は病院に置いてある本格的な電気療法が全てではありません。家庭用のホットパックというものも販売しているので、こういったものを利用して脊柱管狭窄症の症状を和らげていくことができます。

ただし注意してほしいのは、温めるのは脊柱管狭窄症の全ての状態で有効というわけではないことです。

脊柱管狭窄症の起こり始めであり強い痛みのある急性期は患部が炎症を起こしているため、温めると逆に脊柱管狭窄症が悪化してしまうことがありますので注意が必要です。

急性期にはひたすら安静にすることが最も良い方法です。この激痛の時期が通り過ぎて症状が落ち着いたら、温熱治療を行うようにしてください。

現在の自分の状態が温めて大丈夫なのかよくわからないという方は、きちんと専門医に診断を受けてから自宅での対処法を決めてください。

この方法を行う時に覚えておいて欲しいのは、これだけで脊柱管狭窄症を治せるわけではないということです。この手法は基本的には、対処療法であり温めた部分が冷えたらまた痛みが戻ってしまうということです。

どちらかというと、ストレッチなど運動療法を行う際に補助的に行うのが理想的です。痛みが強くて動かせないという人でも温めて症状を和らげればストレッチができるということもあります。

脊柱管狭窄症を根本から治すには、崩れている身体のバランスを元に戻すためのストレッチ、加齢によって弱った身体を鍛えるための適度なトレーニング、日常生活の見直し、などが必要です。

運動療法は脊柱管狭窄症の根本的な解決が期待できるものです。運動療法でお薦めなのは、やはり当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」です。

福辻式治療法はストレッチや自重トレーニングなどをメインに構成されており、脊柱管狭窄症を自分で治すことを目的に構成されています。

また、今までに延べ5万人以上の腰痛患者さんが腰の痛みや痺れを改善しており、脊柱管狭窄症で悩まれていた方も多く改善している実績があります。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、何をやってもなかなか良くならないと悩んでいる方は一度、福辻式治療法の詳細をご覧になってみてください。

きっとこの福辻式治療法が、あなたを悩ませている脊柱管狭窄症を完治させるきっかけになるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ3


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.