脊柱管狭窄症患者さんにはウォーキング、有酸素運動をお勧めしています。

ウォーキングや有酸素運動について

脊柱管狭窄症を改善するためには血流を良くしたり、固まった筋肉をほぐすことが有効なのですが、そのような効果を期待できるもののひとつが、有酸素運動です。

有酸素運動と一言にいってもその種類は多くあり、エアロビクスや水泳、ジョギング、サイクリングなど様々です。ここでは、道具の有無や続けやすさを考慮してウォーキングをご紹介します。

ウォーキングとはその名の通り歩くことです。ジョギングのように息を切らせながら走る必要はなく、専用の施設や道具を必要とするサイクリングや水泳よりも手軽に始めることができます。

とはいっても、脊柱管狭窄症を治すための有酸素運動として行う場合にはただ歩行するだけではなく、自分がどのように歩くのかをしっかりと意識する必要があります。少し歩幅を広くとり、腕も大きめに振るようにしながら、早歩きをするということを意識してください。

また、多少なりとお金をかけられるのであれば、まずは専用のシューズを買うようにしてください。専用の靴は、歩きやすさや長時間履いても疲れない構造というのが細かく研究されています。

脊柱管狭窄症の場合、痛みやしびれでそもそも長時間歩くなんて無理という人もいますが、まずは歩ける範囲から始めてみることが大事です。正しい姿勢で歩くことが出来れば、いつもより長い時間を歩けるようになるはずです。

ウォーキングは脊柱管狭窄症を改善する有酸素運動としての効果ももちろんですが、日常での姿勢や歩き方を意識して見直すことで、生活習慣を改善し、弱った身体を鍛え、脊柱管狭窄症を改善することにつながっていくのです。

脊柱管狭窄症は日常の姿勢の悪さも原因のひとつなので、生活習慣を見直し、猫背を矯正したり腰に負担のかかる作業のやり方を見直すことで、脊柱管狭窄症は改善しやすくなります。

脊柱管狭窄症に良い歩き方についてもっと詳しく知りたい場合には、「福辻式治療法」を参考にしてください。

福辻式治療法では単に脊柱管狭窄症を治すための方法だけでなく、日常生活の改善やウォーキングのアドバイスなど、多方面からアドバイスしてくれます。詳しい内容は下記よりご覧になることができますので、一度詳細を確認することをお薦め致します。


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.