脊柱管狭窄症を解消するためのリハビリ法をご紹介しています。

リハビリの正しいやり方について

脊柱管狭窄症のリハビリの主な特徴は、歩行訓練と体に適切な筋力をつけるためのトレーニングが主なものになってきます。

リハビリはしっかりとやっておかないと、腰の痛みや痺れが再発することがありますので、真剣に取り組むことが大事です。

脊柱管狭窄症の最適なリハビリ方法としては、ストレッチが効果的です。比較的どこでもできる運動ですし、血流も良くなり、尚且つ体のバランスを整え、筋力も適切につけることができます。

また、自分のペースでやることができますし、そこまで無理をしなくてもいいので、継続しやすいと言えます。ただし、無理に行うと返って症状が悪化してしまうこともありますので、注意が必要です。

また、やり方が悪いと体のバランスも悪くなります。基本的にストレッチを行うときは必ず、左右で同じ回数やることがポイントです。

次にリハビリとしてお薦めなのが、歩行訓練を促すためのウォーキングです。上手くコースを決めることが出来れば、楽しくやることができますし、ストレス解消も含め、とても良いリハビリになります。

ただし、腰の痛み痺れが再発して、稀に途中で動けなくなってしまう人もいます。このようなことが起きないよう、リハビリを行う時は一人ではやらず、必ず誰かと一緒にやるようにしてください。

そして、始めは短めに流すようにしましょう。疲れてしまって、帰れなくなってしまっては意味がありません。自分が歩ける距離よりも余裕を持って終わらせるようにして、徐々に距離を伸ばしていくことが大事です。

また、リハビリ時にあると良いのがコルセットです。コルセットで腰を固定することで、脊柱管狭窄症の再発の原因を軽減させることができます。

ただ、ストレッチやウォーキングをするときは、体が固定されてリハビリの効果が発揮できなくなりますので、必ず外して行うようにしてください。

やはり、脊柱管狭窄症を改善するにはストレッチが有効です。その中でも当サイトでお薦めしている「福辻式ストレッチ」は本当にお薦めです。

このストレッチ法で延べ50000人以上の患者さんが症状を完治していますので、今までどの治療を行ってもなかなか改善されないという方は、一度試してみることがお薦めです。

福辻式の詳細は下記より確認することができますので、もし興味を持たれた方は、ぜひ一度ご覧になってみてください。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ3


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.