脊柱管狭窄症に対する理学療法についてご説明しています。

理学療法について

理学療法とは、牽引や筋力強化、温熱治療、ストレッチや体操などのリハビリを行い、脊柱管狭窄症を改善していく治療法です。

そもそも脊柱管狭窄症の原因の多くは、加齢によるものや、普段の生活での姿勢の悪さや筋力の低下がほとんどですので、普段運動をしていない人や、姿勢が悪い人には大きな効果が期待できます。

ただし理学療法は地道にコツコツ続けていくことが必要になります。なかなか脊柱管狭窄症が改善しないからと途中で放り投げてしまっては、治るものも治りません。

また、この手の理学療法は整形外科では提案されないことがあります。姿勢を正しく、負担を減らすなどの生活習慣のアドバイスはもらえても、リハビリが行える施設がない病院だと具体的なやり方についてはアドバイスしてくれないことがほとんどです。

そのような場合には、自分で信頼のおける理学療法士を探すか、自分で出来る理学療法を探さなければなりません。ですが、間違った方法を実践してしまうと、症状が返って悪化してしまったり、最悪の場合、その場から動けなくなってしまうこともあります。

脊柱管狭窄症はかなり繊細な病気です。ほんの少しの動きの違いや、ちょっとした動作で症状が大きく変わってしまうことがあります。

ですので、もし近くに信頼のおける理学療法士がいない、自分で行うにもどうしたらいいか分からない、と困っているのであれば、当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」を実践してみてください。

この福辻式治療法は、理学療法も含めた運動療法をメインとして脊柱管狭窄症を改善していく方法ですが、他の治療法と大きく違うところがあります。それは実績です。

この福辻式治療法では、今までに延べ50000人以上の腰痛患者さんを治療し、そのうちの9割以上の方が、腰痛を完治しているという実績があります。

また、この治療法を開発された福辻鋭記先生は、東京の五反田に実店舗を構え、腰痛の治療歴が30年以上という大ベテランの先生でもあります。ですので、あなたが悩まれている病状もこの福辻式治療法をしっかりと実践すれば、完治させることが可能です。

詳しい内容は下記よりご覧になれますので、まずは一度治療法の詳細をご覧になってみてください。きっと、この方法があなたの病状を完治させるきっかけになるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ3


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.