脊柱管狭窄症の痛みが強い時だけコルセットを使用してください。

コルセットについて

腰のコルセットは使い方次第で、とても高い効果を発揮してくれることもありますし、逆に症状を悪化させる場合があります。

よく間違った使い方をする人は、コルセットを常に付けている人です。

コルセットを使っていいのは、急激な痛みのとき、つまり急性期のときのみです。

急性期の場合、コルセットを用いて筋肉の代わりに支える、あるいは圧迫して腰の動きを抑えるということで、効果的に働いてくれます。

しかし、いつまでも頼っていると、今度は返って症状を悪化させていきます。脊柱管狭窄症を改善するには、腰椎周りに筋力を付けることが大事になってきます。

ですが、コルセットをいつまでも巻いていると、腰椎の筋力が徐々に衰えていきます。筋力が衰えていけば、当然症状は悪化していきます。

ですので、正しい使い方としては、ギックリ腰のような急性期のとき、立ち上がることが出来ないとき、人の支えがないと立っていられないとき、このような時にだけ使用するようにして、急性期を過ぎたらできるだけ外すことです。

コルセットの役目は筋力の補助です、これをしっかりと覚えておいてください。しかし、一度急性期の痛みを経験した人は、痛みの恐怖が頭から離れないため、なかなか手放せない方が多くいます。

ですが、いつまでも頼っていると、腰椎周りの筋力低下を招き、脊柱管狭窄症の症状を悪化させると言うことを、しっかりと理解してください。

そして、ある程度痛みが引いたら、今度はコルセットを外し、体のバランスを整え、腰椎周りを支える筋力をつけていく、この手順を踏んでいきます。この手順をしっかりと守ることができれば、脊柱管狭窄症を早期に改善することが可能です。

もしあなたが、脊柱管狭窄症に長いこと悩んでいるのであれば、「福辻式治療法」を一度試してみてください。

福辻式を実践すると自然と体のバランスが整い、自然と腰椎に必要な筋力をつけることができます。また、福辻式では延べ5万人以上の患者さんが、コルセットに頼らずに腰の痛みや痺れを改善しております。

きっと、福辻式治療法があなたのその辛い症状を改善するきっかけになると思いますので、福辻式のことをまだ知らないという方は、今すぐ下記より詳細を確認してみてください。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ3


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.