脊柱管狭窄症を治したければロキソニンの服用を止めることです。

ロキソニンはただの鎮痛剤

脊柱管狭窄症の痛みを取り除くための鎮痛剤として、ロキソニンという薬があります。

鎮痛効果が比較的高く、腰痛や頭痛、痛み止め全般の治療によく使用される薬です。

ロキソニンはロキソプロフェンという成分を持ち、また胃腸への副作用が出にくいように工夫されています。

必ず食後に服用する等、用法をしっかり守れば胃腸の不快感などはほとんど出ない薬だと言われています。またロキソニンはリウマチの痛み止めとしてもよく使用されますが、やはり作用が強めで、胃への影響が少ないからといって乱用は危険です。

また市販の薬を使用される方も多いですが、市販のものは痛みを止めるだけで、病院の薬は治療方針に従って処方されますので、市販のものが弱いからといってあまり服用しすぎてはいけません。

またロキソニンの考えられる副作用としては、発疹などのアレルギー性の症状、食欲不振、吐き気や嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、めまい、むくみなどがあります。

通常は胃腸障害などの副作用を防止するために食後に服用します。座薬の場合は1日に1回程度で、寝る前に使用します。

ロキソニンを含め、薬は長期間使用するといろいろな障害が現れる可能性が増します。血液障害、肝臓や腎臓の障害など、重篤な病気になる可能性も高いと言えます。

また妊婦、妊娠の可能性がある方、授乳中の方、子供さん、高齢者の方は特に長期間使用する場合はしっかりとアドバイスを聞き、指示を受けた検査は必ず受けるようにしましょう。

家族がロキソニンをもらっていて、腰痛だからそれをそのまま服用している、という方もいますが、やはりしっかり副作用をチェックすることが大事です。

しかし、ロキソニンをいくら服用したところで、脊柱管狭窄症が治ることはありません。ロキソニンはただの鎮痛剤であって、ただ痛みをごまかしているに過ぎません。

脊柱管狭窄症を治すには、「日常生活の見直し」、「崩れた体のバランス矯正」、「適切な筋力を腰椎周りに付ける」、このことが改善する上でもっとも大事なポイントになってきます。

もしあなたが脊柱管狭窄症に悩み、整形外科などでロキソニンを処方されて飲み続けているのであれば、今すぐ飲むことを止めて当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」を実践してください。

福辻式治療法では、薬を一切使わずに脊柱管狭窄症を改善することができますので、体にかかる負担も全くありません。また、この方法で既に延べ5万人以上の患者さんが脊柱管狭窄症を改善している実績もあります。

ですので、あなたのその辛い腰の痛みや痺れもこの福辻式治療法で改善することができると思いますので、まずは一度下記より詳細をご覧になってみてください。きっと、この方法があなたを悩ませている脊柱管狭窄症を改善する第一歩に繋がるはずです。


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.