脊柱管狭窄症にレーザー治療はあまりお勧めしておりません。

レーザー治療の効果とは?

脊柱管狭窄症の手術法については、腰椎椎弓切除術が最も一般的です。

従来は脊髄の後ろの骨を全部取る方法が主流でしたが、この椎弓切除術では一部を削るのみで圧迫を取り除くことができるといわれます。

またできるだけ侵襲性の低い手術を受けたい方で、レーザー治療はできないのかと考える方がいますが、基本的に脊柱管狭窄症ではレーザー手術は行いません。

椎間板ヘルニアの場合は、レーザーによって髄核を取り出すことはできますが、狭くなった脊柱管をレーザーで広げることはできません。

レーザー治療は椎間板ヘルニアに有効な治療法といえ、椎間板の中にレーザーを照射して組織を焼いて減らし、内圧を下げて改善に導く方法です。またレーザー治療はヘルニアの中でも突出が小さいタイプのものにしか効果が期待できません。

また、脊柱管狭窄症では関節や靭帯が肥厚して脊柱管を狭くし、神経を圧迫しますので、椎間板の内部を焼いて消失させても解決にはなりません。

では、脊柱管狭窄症に対してレーザー治療は全く行われないのかというとそんなことはありません。薬や理学療法を行ってもなかなか軽快しない方の多くが高い効果を示したというデータもあります。

レーザーを当てることによって脊柱管内部のつまりがよくなり、前かがみで休まなくても長時間歩けるようになったと効果を感じる方もいます。

もし、レーザー治療を検討しているのであれば、まだ国内では治療をする病院やクリニックが少ないようですので、あなたの住む地域によっては時間をかけて探す必要があるかもしれません。

しかし、レーザー治療を受けたとしても、脊柱管狭窄症の根本原因を解決できるのかというと疑問が残ります。脊柱管狭窄症を根本から解決するには、狭くなっている脊柱管を広げて血流を良くすることはもちろん、日常生活の見直しや体のアンバランスを矯正する必要があるからです。

レーザー治療でこの全てができるかというとやはり疑問が残ります。しかし、当サイトでお伝えしている「福辻式治療法」ではこの全てを同時に行い、脊柱管狭窄症を根本から解決することができます。

また、今までに延べ5万人以上の方がこの治療法で症状を改善し、以前のような普通の日常生活を取り戻すことができています。もしあなたが、長いこと腰の痛みや痺れに悩んでいるのであれば、まずは一度この福辻式治療法を実践してみてください。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、まずは一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この福辻式治療法があなたを苦しめている脊柱管狭窄症を完治に導いてくれるはずです。


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.