脊柱管狭窄症に対してホットパックの効果をお話ししています。

ホットパックは本当に効果があるの?

脊柱管狭窄症には温熱療法がとても有効です。また温熱療法としてホットパックがよく使用されます。

ホットパックはその温熱効果によって深部から温めることができ、血行をよくして筋肉の緊張を和らげ、また全身の健康を維持するためにも役立ちます。


ホットパックは皮膚から5センチくらいまで熱を浸透させることができます。また身体に当てている時は基本的に安静が大切ですが、小さめのものを用意して痛みが大きい場合にも対処できます。

温めることで血流が良くなり、筋肉は緩み、しびれや痛みが減っていきます。ホットパックだけで根本的な原因を解消することはなかなか難しいですが、脊柱管狭窄症では時間をじっくりかけて体質を改善していくことが大事ですので、そのためにホットパックはとても有効です。

ホットパックによって患部だけでなく、内臓や他の部位の筋肉にも効果が伝わっていきます。また脊柱管狭窄症以外にもいろいろな病気・症状に効果があります。

またホットパックは重度の患者さんにもお勧めできる治療法です。麻痺が強い場合は温めることで痛みが大きくなることがありますが、それは麻痺していた感覚が戻ってきている(好転反応)証拠ですので、断続的にホットパックを使用しても大丈夫です。

またホットパックと一口で言っても色々なタイプがあります。温める素材も色々で、治療院などではよくオリジナルのものを作って患者さんに紹介しています。

また使用方法として手がかからず、気軽に使用できることも魅力です。徐々に血行を良くしていきますので、根気には自信があるという方にもお勧めです。

脊柱管狭窄症を改善したいという方には、ホットパックを利用することも一つの手です。ですが、ホットパックだけでは脊柱管狭窄症の根本原因を解決できないということも知ってもらえればと思います。

脊柱管狭窄症の根本原因を解決し症状を完治するには、当サイトでお伝えしている「福辻式治療法」がお薦めです。今まで色々な方法を試したけど駄目だった、という延べ5万人以上の方がこの方法で症状を完治することに成功しています。

また、この治療法を提案している福辻先生は、脊柱管狭窄症治療において30年以上携わっているベテランの先生で実績もあります。

ですので、あなたを悩ませている脊柱管狭窄症はこの福辻式治療法で改善することができると思いますので、まずは一度下記より詳細をご覧になってみてください。きっと、この方法があなたの腰の痛みや痺れを改善する第一歩に繋がっていくはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ3


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.