脊柱管狭窄症に装具療法を使う場合は使い方に気をつけてください。

装具療法について


脊柱管狭窄症の治療のひとつに装具療法があります。脊柱管狭窄症の場合、少し前屈みになることで圧迫が緩和され、痛みが楽になるという特徴があります。

そのため、脊柱管狭窄症で行われる装具療法では、やや前屈みの姿勢で固定されるように作られたコルセットを使用することが多くなります。

ただしそのような姿勢で固定するため、装着した際に違和感があり、長時間利用するのはあまり快適ではないと感じる人が多いようです。

軟性であまり固定の力が強くない違和感の少ないものもありますが、そのようなコルセットは脊柱管狭窄症には向いていません。多少違和感があっても、きちんと症状に合わせたものを使用することが大事です。

また脊柱管狭窄症の原因の一つに、加齢による筋力の低下があるため、コルセットをつけっぱなしにすることは望ましくありません。

よく、脊柱管狭窄症の痛みを恐れて、いつまでもコルセットを外さずにつけっぱなしにしている人を多く見かけますが、これは返って逆効果になります。

脊柱管狭窄症を改善していくには、加齢で衰えてしまった腰椎周りの筋力を強化することが必要になります。ですが、いつまでもコルセットに頼っていると、返って筋力低下を招いてしまい、症状悪化の原因に繋がります。

ですので、あくまでもコルセットをする時は痛みが強いときだけにして、それ以外はできるだけ外して生活するようにしてください。

とはいえ、これだけで脊柱管狭窄症が治るわけではありません。装具療法は脊柱管狭窄症による負担を減らすことはできますが、衰えた筋力を戻すことはできません。

そこで必要なのが、ストレッチやウォーキングなどの運動です。ウォーキングは歩く時間を少し増やしたり、歩く際の姿勢を意識するだけで、腹筋、背筋の強化ができたり、下腿部分が鍛えられることによって、とても良い治療効果が期待できます。

ストレッチは崩れてしまった身体のバランスを整えると同時に全身の血流の改善を図ることができたり、筋力の強化をすることもできますので、脊柱管狭窄症を改善するにはとてもお薦めの治療法です。

運動療法を行う場合、リハビリ施設や専門家から直に習うのが一番ですが、近くにそういった施設がない場合には、当サイトでお薦めしている「福辻式ストレッチ」を一度実践してみてください。

この福辻式ストレッチでは、延べ5万人以上の腰痛患者さんが症状を完治され、脊柱管狭窄症で悩む多くの方もこの方法で症状を改善している実績があります。

ですので、あなたの脊柱管狭窄症もこの福辻式ストレッチを実践することによって、症状が徐々に改善されていくと思いますので、ぜひ一度試してみることをお薦め致します。

詳しい内容は下記よりご案内しておりますので、長いこと脊柱管狭窄症で悩んでいる方は、一度詳細をご覧になってみてください。きっと、この方法があなたのお悩みを解決する第一歩に繋がるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


関連ページ3


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.