脊柱管狭窄症患者さんが手術を受けなくてもいい理由をお話ししています。

手術方法について

脊柱管狭窄症は軽度の症状であれば、リハビリなどで改善することができます。

ですが、なかなか腰の痛みが治まらない場合や、排泄障害などが出てきてしまった場合には、手術を検討する場合があります。

しかし、脊柱管狭窄症は手術をすれば完治できるというわけではありません。

その理由は術後の再発率が90%を超えているという問題があるからです。

術後は一時的に痛みや痺れ、排泄障害などが解消されますので、治ったように思ってしまいますが、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月と時間の経過とともに、再発される方が後を絶ちません。

ですので、もし手術を受けなくてはならない状態にあるのであれば、術後の再発率が低い医師に依頼して、確実に治してもらうようにしてください。

しかし、そのような医師を探そうと思っても、簡単に見つけられるものではありません。その場合、口コミやネット、様々な雑誌媒体を使って調べていくしかありません。

ですが、本物の名医に診てもらうことが出来れば、手術をしなくても脊柱管狭窄症を治すことが出来ます。その本物の名医というのが、「福辻鋭記先生」です。

福辻先生は治療歴30年以上、施術実績が50000人以上、また、テレビや雑誌にも何度も紹介されている本物の名医です。

また、福辻先生は手術をしないで、腰の痛みや痺れを治すことができます。もし、今すぐ辛い痛みから解放されたいと思っている方は、福辻式の詳細を一度確認してみてください。この方法があなたのその辛い症状を改善する第一歩に繋がるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.