脊柱管狭窄症を解消したければ整形外科に通うことは止めてください。

整形外科について

脊柱管狭窄症を発症した場合、ほとんどの方は整形外科を受診されると思います。

整形外科には立派な先生方がたくさんおられますし、名医と呼ばれている先生もいます。

しかし、整形外科には一つ問題があります。それは3分診療と呼ばれ、患者さん一人一人を丁寧に診ていないことです。

レントゲンやMRIを撮って、脊柱管が狭くなっていれば、あなたは脊柱管狭窄症です、と診断をして薬や湿布を出す、そして症状が酷くなれば手術をする、これでは治るものも治りません。

一番大事なのは患者さんが何故、脊柱管狭窄症になったのか、それは間違いなく毎日送っている日常生活に問題があるのです。

そこの部分を診ないで、薬や湿布だけ出して終わり、患者さんがどのような生活を送っているのか、その生活の中に脊柱管狭窄症になった原因がどこにあるのか、これを診ないとことには根本的な解決にはならないのです。

脊柱管狭窄症を発症するほとんどの原因は日常生活にあります。脊柱管狭窄症は体のバランスの崩れ、運動不足による筋力の低下、加齢によるもの、長年過ごしてきた生活態度、様々な要因が重なり合って発症しているのです。

ですが、ほとんどの医師はここを診ようとしません。画像だけを診て判断する、患者さんの体に触れようともしない、これでは状態を把握できるわけがありません。

中には名医と呼ばれる立派な先生も多くいますが、どうして脊柱管狭窄症になったのか、どうしたら治すことができるのか、そして実際に治せるか、というところの診断が足りません。

整形外科を受診された方なら分かると思いますが、ただ痛いから薬を出す、薬が駄目なら、ブロック注射を打つ、それでも駄目なら手術をして神経を取る、これがほとんどです。

ですが、これは致し方ないところもあります。病院は一人の患者さんに時間をかけていたら経営が成りちません。病院には、看護師、レントゲン技師、受付、掃除する人、薬剤師など色々な人が働いています。

病院と言ってもやはり組織ですから、一人の患者さんに一時間もかけていたらやっていけないというのが現状です。

このような現状があるため、脊柱管狭窄症が治らない人が溢れてしまっているのです。正直なところ、整形外科医が患者さんを増やしていると言っても過言ではないかと思います。

もしあなたが、脊柱管狭窄症が治らずに悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」を実践してみてください。

この治療法では延べ5万人の脊柱管狭窄症患者さんが医者などに頼らず、自分自身の力で脊柱管狭窄症を完治することができています。

福辻式の詳細は下記より確認することができますので、今すぐご覧になってみてください。きっと、この治療法があなたのその辛い腰の痛みや痺れを改善するきっかけになるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.