脊柱管狭窄症に対して薬を飲むことはお勧めしません。

薬について

脊柱管狭窄症と診断された場合、整形外科ではまず薬による保存療法が行なわれます。

恐らく、ロキソニンやボルタレンなどが処方されると思います。

しかし、勘違いして欲しくないのは、薬を飲んだからといって、風邪のように脊柱管狭窄症が治ることはないということです。

薬はあくまで一時的に痛みを抑えるだけの麻酔です。つまり、効果が切れれば痛みはぶり返しますし、飲み続けていれば、いずれ体がその効果に慣れてきてしまい、更に強いものを服用しなくては、痛みを抑えることができなくなっていきます。

これでは悪循環で、効果が強いものであればあるほど、副作用が出てきます。胃腸障害や頭痛、吐き気、めまいなど、強い薬を使用した場合は特に顕著にこのような症状が出ます。

ですが、あまりにも腰の痛みが強い場合、一時的に飲むことはしょうがないことです。しかし、飲み続けるということは体に負担を掛け続けることになりますので、出来るだけ避けることが必要です。

脊柱管狭窄症を根本から治すには、日常生活を見直すこと、崩れている体のバランスを整えること、腰椎周りを補助できる筋力をつけること、これがポイントです。

ですので、医者の言うとおりにいつまでも薬を飲み続けたり、安静にしていても症状が改善されることはありませんし、場合によっては症状がどんどん悪化してしまうこともあります。

よく整形外科ではとにかく安静にしなさい、と言われると思いますが、これは医者の責任逃れです。安静にしていて症状が悪化したとしても、医者は言い逃れがいくらでもできてしまいます。

安静にしていて症状が悪化したとしても、医者の責任になることはありません。ですので、医者の言うとおりに安静にして薬を飲んでいても、腰の痛みや痺れが治ることはまずありません。

もう一度言いますが、薬を飲み続けても脊柱管狭窄症が治ることはありません、この点をしっかりと理解して頂ければと思います。

当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」を実践していただければ、薬を使わずに短期間で腰の痛みやしびれを改善することができます。

もしあなたが、脊柱管狭窄症に悩んでいるのであれば、福辻式を実践してください。この治療法があなたの症状を劇的に改善してくれるはずです。


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.