広範囲脊柱管狭窄症を治すにはいかに早く治療を開始するかがポイントとなってきます。

広範囲脊柱管狭窄症について

広範囲脊柱管狭窄症とは名前の通り、広範囲で脊柱管狭窄症が発生している状態を指します。

広範囲脊柱管狭窄症になると、腰の痛みだけでなく、手足の痛みやしびれ、首の痛みなど、様々な症状が出ます。

脊柱管狭窄症にはいくつかの種類があり、まず代表的なのが腰部脊柱管狭窄症になります。

他には頚椎脊柱管狭窄症や、胸椎脊柱管狭窄症があり、主に3つに分類されます。広範囲脊柱管狭窄症とは、これら2つ以上の症状が併発した状態を言います。

また、腰椎と頚椎が同時に発症することが一番多く、この状態になると、日常生活にもかなり影響を及ぼしてきます。

特に頚椎脊柱管狭窄症を発症し、神経が圧迫を受けると、首には体全体を司る大事な神経がたくさん通っていますので、排泄障害や体の一部麻痺などに繋がることもあります。そうなると、かなり危険な状態になりますので、すぐに対処をしないといけません。

また胸椎脊柱管狭窄症を起こすと、頚椎から胸椎へと連動し、最悪腰椎まで連動を起こし、言わば連絡通路のように症状が発症し、3箇所同時に脊柱管狭窄症を発症することがあります。

こうなるとかなり厄介で、治療にはかなりの時間がかかることと、腕と足が自由に使えなくなってきますので、日常生活を送るにも誰かに補助をしてもらわないと難しくなってきます。

広範囲脊柱管狭窄症はたいがい、頚椎と腰椎で同時に発症することが多いのですが、病状を発症すると、2箇所の治療が同時に必要になってきます。

また、治療も急がなくてはいけません、広範囲に症状が及ぶと、日常生活がままならくなります。高齢者であれば、最悪そのまま寝たきり状態になってしまうこともありますので、早め、早めの治療、対処が必要となってきます。

もしあなたが、広範囲脊柱管狭窄症と診断され、病状に悩まされているのであれば、すぐにでも福辻式治療法を取り組むことをお薦め致します。

福辻式治療法を実践していただければ、他のどの治療法よりも病状を短期間で改善することができます。もちろん、完全に治るとは保証はできませんが、今の状態よりも症状を楽にすることはできるはずです。

また、福辻式治療法は脊柱管狭窄症で長いこと悩まれていた、延べ5万人以上の患者さんを改善してきた実績もありますので、私は自信を持って福辻式治療法に取り組むことをお薦め致します。

福辻式治療法の詳しい内容は下記よりご覧いただくことができますので、まずは一度内容を確かめてみてください。きっと、この治療法があなたのその辛い病状を改善するきっかけになると、私は信じています。


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.