脊柱管狭窄症を改善したければ運動療法を行うべきです。

運動療法で治す

脊柱管狭窄症になると、腰の痛みで背筋や腰が伸ばせなくなったり、腰からふくらはぎにかけて痺れた感じがしたり、少し歩いたらすぐに足が痛んで歩けなくなったりなどといった症状が出ます。

このような脊柱管狭窄症を治すには、狭くなってしまった部分を拡げて、元に戻すことが最も有効な解決法です。

整形外科などで行われる手術や薬で痛みや痺れを取り除くという方法もありますが、これらは一時的な改善にしかなりません。脊柱管狭窄症をしっかりと治すためには、どうしてそうなってしまったかという原因から探っていかなければなりません。

脊柱管狭窄症の原因として良く言われるのは、姿勢の悪さや、筋肉の弱さが原因となり、体のバランスが崩れてくることにあります。無意識の猫背や姿勢の悪さ、また弱った筋肉を強化するのに最適と言われるのが運動療法です。

ストレッチや体操、エクササイズを用いて、狭まってしまった部分を再び広げ、また狭くならないように周りを支える筋肉を鍛える方法です。脊柱管狭窄症の原因の多くは、生活習慣の改善を含めた運動療法で解決することができます。

このような運動療法は専門医に指導を仰いで行うのが良いのですが、近くにそういった先生がいない、遠くてしょっちゅうは通えないという場合には、自分で行わなければなりません。

ですが、間違ったやり方をすると返って悪化させてしまうこともあります。ですから、脊柱管狭窄症患者さんを多く治してきた、実績のある先生から学ぶ必要があります。

当サイトでお薦めしている「福辻式治療法」は、この運動療法をメインとして脊柱管狭窄症を治していくのですが、この治療法を開発された福辻鋭記先生は、今まで延べ50000人以上の腰痛患者さんを救い、脊柱管狭窄症で悩む患者さんも、多く救っている実績のある先生です。

また、腰痛の治療歴が30年以上という実績もあり、とても信頼のできる先生であります。もしあなたが、脊柱管狭窄症に長いこと悩んでいるのであれば、当サイトではこの福辻式治療法を実践されることをお薦め致します。

詳しい内容は下記よりご覧になることができますので、まずは一度、詳細をご覧になってみてください。きっとこの治療法が、あなたの脊柱管狭窄症を改善する第一歩になるはずです。


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.