発達性脊柱管狭窄症を改善する最善策をご紹介しております。

発達性脊柱管狭窄症について

こちらのページでは「発達性脊柱管狭窄症」についてご説明していきたいと思います。

脊柱管狭窄症とは、加齢によって骨の変形を起こし、その骨の変形により脊柱管の中にある神経が圧迫を受け、血流を阻害し、腰の痛みやしびれが出る病気のことを言います。

しかし、発達性脊柱管狭窄症は加齢によるものではなく、生まれつき骨に変形が起こっていたり、
何らかの異常が体に起きていて、病状を発症してしまう人のことを言います。

つまり、脊柱管狭窄症は高齢者に多く発症する腰の病気でありますが、発達性脊柱管狭窄症は年齢に関係なく、若い人でも発症する可能性があるということになります。

しかし、この発達性脊柱管狭窄症は、変形している骨を手術で正常な状態に戻すことで、脊柱管狭窄症になりやすい体を脱することが出来るようになります。

もし、発達性脊柱管狭窄症と診断された場合、早めの治療や手術を行なうことができれば、通常の生活を送ることが問題なく出来るようになります。

しかし、治療が遅れれば遅れるほど、体に何らかの障害が残る可能性があり、日常生活にも悪影響を及ぼしかねません。発達性脊柱管狭窄症を改善するには、保存療法による治療と手術という選択肢があります。

手術で治すほうが早く回復することができると言われていますが、成人の方であれば手術を選択しても問題はないのですが、まだ体が未発達の子供の場合、体の成長が遅れてしまったり、ストップする可能性もありますので、よく考えて選択しなければなりません。

発達性脊柱管狭窄症の主な原因は、現代医学では明確に解明されておらず、遺伝というのが現状で一番多い意見となっています。

もしあなたや、あなたのお子様が発達性脊柱管狭窄症で悩んでいるのであれば、まずは一度、福辻鋭記先生に相談することを当サイトではお薦めします。

福辻鋭記先生は脊柱管狭窄症治療のスペシャリストで、今までに延べ50000人以上の患者さんを診てきている先生です。

ですので、福辻鋭記先生に相談をすれば、きっとあなたの力になってくれるはずです。福辻鋭記先生の公式サイトは下記よりご覧になれますので、まずは一度相談してみることをお薦め致します。


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.