脊柱管狭窄症の痛みを一時的に和らげてくれるブロック注射について。

ブロック注射について

脊柱管狭窄症の原因は、先天的なものから後天的なものまで様々ですが、症状の元となっているのは全て神経の圧迫です。

脊柱管狭窄症の治療方法には様々ありますが、神経を通る穴が狭くなっていても、影響が出ないように体のバランスを整えたり、腰椎周りの筋力を鍛えたり、また手術によって狭くなっている部分を広げるなどがあります。

しかし、手術は身体に掛かる負担が大きいので、症状が末期状態まで進行した場合に行われることが多く、まずは薬物療法や運動療法が行われることがほとんどです。

しかし、痛みが激しいと思うように動くことが出来ません、そんな時に役立つのブロック注射です。ブロック注射は普通の投薬療法よりも薬による身体への悪影響が少なく、薬の効果をより高く発揮させることができます。

圧迫されている神経付近に麻酔をすることで、痛みなどの症状を抑えるとともに、痛みによって緊張状態だった筋肉を柔らかくして血行を促進させ、圧迫によって炎症を起こしていた神経を回復しやすくする効果を期待します。

しかし、永続的な効果があるわけではなく、ブロック注射はあくまで一時的な麻酔に過ぎませんので、長くても1週間、短ければ1日程度で効果は薄れてしまいます。

そのためブロック注射は複数回行う必要もある上、痛みの根本的な原因を治療できるわけではなく、あくまでもその場しのぎであるということを忘れないようにして下さい。

整形外科などでは、ブロック注射は手術を行う前の最後の手段ともいえる方法です。ブロック注射を行い、良い結果が出なかった場合、手術を検討することになります。

しかし、手術は体にメスを入れることになるため、体への負担が大きくなることと、術後の再発率がとても高いため、あまりお勧めできません。

なるべく手術はしたくないという方は、一度ブロック注射を試すことも良いですが、あくまで対処療法であり、ブロック注射で脊柱管狭窄症が治ることはありませんので、その点はしっかりと理解しておいてください。

では脊柱管狭窄症を治すにはどうすればいいのか。当サイトでは脊柱管狭窄症を根本から治す方法として、「福辻式治療法」をお薦めしています。

その理由は実績です。福辻式では30年間で延べ5万人以上の方が、ブロック注射などを行わずに、自然治癒のみで脊柱管狭窄症を治すことが出来ています。

やはりブロック注射に頼らず、自己の免疫力で治すことが体にも負担をかけることもありませんし、一番ベストな方法です。

福辻式の詳細は下記よりご覧になれますので、福辻式のことをまだ知らないという方は、一度確認してみてください。きっとこの方法があなたの辛い腰の痛みや痺れを改善する第一歩になるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.