関連ページ2です。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ2

関連ページ2について

脊柱管狭窄症を発症した芸能人について

脊柱管狭窄症は、芸能人のみのもんたさんが発症したことでも知られています。また落語として有名な芸能人、桂歌丸さんもこの病気に長いこと苦しんだ一人です。

脊柱管狭窄症は、脳から腰椎にかけて下りている、脊柱管と呼ばれている部分が狭くなり神経圧迫を引き起こす病気ですが、加齢になればなるほど、この病気を発症しやすくなります。

ではなぜ、神経圧迫を引き起こすと、腰の痛や痺れが現れるのでしょうか。そもそも脊柱管というの様々な神経の通り道になっています。しかし、この神経の通り道が狭くなってしまうと、次第に神経を圧迫するようになり、腰の痛みや痺れの症状が出てきます。

そして、最悪の状況になると、排泄障害などを引き起こしてしまう可能性もあります。芸能人のみのもんたさんの場合、手術をして無事成功しました。また、芸能人の桂歌丸さんも3度手術をして、ようやく症状が落ち着いたと言われています。

ですので、この病気は手術で必ず治るというわけでもありません。そのため、しっかりと早い段階から治療を行うということが重要になってきます。脊柱管狭窄症を完治させるには早期発見、早期治療が原則です。

脊柱管狭窄症は一定の年齢を越えれば誰でも発症する可能性があるので、たかが腰痛とは考えず、腰の痛みや痺れが出来たらこの病気を疑ってみることが大切です。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.