メニューページです。

  • TOP
  • »
  • メニューページ

メニューページ




脊柱管狭窄症との付き合い方

一定の年齢を越えると、様々な病気にかかる可能性というのが出てきます。その中の一つとして高齢者が多く発症するのが、脊柱管狭窄症という病気です。

脊柱管狭窄症というのは腰の病気で、安静にしているときには痛みなどがないことが多く、体を動かすと痛みが強く出るといった特徴があります。

症状が進行すると、しびれなどで長い間の歩行が困難になることがあります。場合によっては、排泄障害といった重度の症状が現れることがあるのもこの病気の特徴です。

この脊柱管狭窄症というのは、脳から腰にかけて下りている、脊柱管と呼ばれる神経が圧迫されることで起こる病気です。そのため腰に強い痛みが現れたり、足にしびれなどが出たりします。

では、この脊柱管狭窄症を発症してしまった場合、どのようにして付き合っていけばいいのでしょうか。脊柱管狭窄症を発症すると、多くの場合保存療法が行なわれます。

しかし、脊柱管狭窄症を改善するのに一番有効な手立ては、実はストレッチなのです。脊柱管狭窄症の原因の一つとして、体のバランスの崩れや血行不良があります。

適度なストレッチを行うことで、体のバランスの崩れや血行不良を改善することができ、腰の痛みやしびれを抑えることが可能になります。

また急性期のような強い痛みが出ている場合には、神経ブロック注射を使うのも一つの手です。神経ブロック注射というのは、腰の神経に直接麻酔注射を打つことにより、痛みやしびれを抑えるものです。

通常の痛み止めよりも長い時間効果を発揮するので、一時的ではありますが、痛みを抑えることはできます。また、神経ブロック注射には血行を良くする働きもありますので、一度使用してみることも良いとは思います。

脊柱管狭窄症は治すことができます、ぜひ正しい治療を行って、あなたのその辛い腰の痛みやしびれを1日でも早く解消させてください。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.