脊柱管狭窄症を予防するための具体的な方法についてお伝えしております。

予防法について

脊柱管狭窄症は、高齢者が多く発症する腰の代表的な病気として、知られるようになりました。

しかし昔は「椎間板障害」と言われ、脊柱管狭窄症と医師が病名をつけるようになったのは、ここ最近の話です。


脊柱管狭窄症というのは、脊柱管と呼ばれる脊髄神経の通り道が狭くなってしまうことで起こる病気です。

主な原因は、「加齢による骨の変形」、「血行不良」、「筋力の衰え」、「体のバランスの崩れ」などが挙げられます。

この脊柱管は脳から腰椎にかけて下りている神経で、この脊柱管が圧迫を受けると、腰の痛みや足のしびれの原因となります。

脊柱管狭窄症は始めのうち、ただの腰痛と症状が似ていますが、状態が悪化してくると、立っていることが辛いほどの腰の痛みが現れ、足のしびれ、長い距離を歩くことが出来なくなるといった症状が現れてきます。

代表的な症状として、少し歩くと休まなくては歩けなくなる、間欠性跛行という症状があります。もしあなたが、少し歩いては休み、少し歩いては休み、と繰り返しているのであれば、脊柱管狭窄症を疑ってください。

また、脊柱管狭窄症は重度になると排泄障害の症状が現れ、ここまで状態が悪化すると、かなりの治療期間を要することになります。

このような状態にならないためにも、常日頃から脊柱管狭窄症にならないよう、自分自身で予防していくことが大事になってきます。

実は脊柱管狭窄症を予防することは、それほど難しいことではありません。いくつかのポイントを抑えておくだけで、脊柱管狭窄症を予防することはできます。

脊柱管狭窄症の主な原因は、

加齢による骨の変形
血行不良
筋力の衰え
体のバランスの崩れ

とお伝えしましたが、このことを常に意識して予防法を考えていきます。

まず、加齢による骨の変形と血行不良、筋力の衰え、これを改善していくには、運動を取り入れることで解決することができます。

筋力トレーニングを積極的に行うと、筋力の衰えを防ぐだけでなく、骨が強くなり、加齢による骨の変形の進行を防ぐことが科学的に証明されています。

また、ウォ―キングなどの有酸素運動を取り入れることで、体全体の血流が良くなり、滞っている血流の改善を図ることができます。

そして、体のバランスの崩れを改善するには、ストレッチがとても有効です。ただ、間違った方法で行うと、返って状態を悪くしてしまうこともありますので、正しいやり方で行わなくてはいけません。

しかし、今まで運動をある程度してきた方であれば、実践することができるかもしれませんが、今までほとんど運動をしてこなかった高齢者の方に、お伝えしてきたことを実践してください、と言ってもなかなか難しいものがあります。

そこで、お薦めしたいのが福辻式ストレッチです。福辻式ストレッチを実践していただければ、今までお伝えしてきたこと全てを同時に行うことができ、脊柱管狭窄症の予防、治療を行なうことができます。

また福辻式ストレッチは、延べ5万人以上の腰の痛みやしびれを短期間で改善している実績がある治療法でもあります。

もしあなたが、脊柱管狭窄症にならないための予防策を知りたい、正しい治療方法を知りたい、と思っているのであれば、福辻式ストレッチを実践することをお薦め致します。

福辻式ストレッチの詳細は下記よりご覧頂くことができますので、まだ内容を知らないという方は、今すぐ確認してみることをお薦め致します。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.