脊柱管狭窄症はストレッチで解消することができる。

ストレッチで治す

脊柱管狭窄症は、脳から腰椎にかけて降りている神経の通り道が次第に狭くなってしまう病気です。

神経の通り道が狭くなれば狭くなるほど、神経圧迫を引き起こしていきますので、腰の痛みや足の痺れが酷くなっていきます。

脊柱管が次第に狭くなっていく主な原因は、加齢と筋力の衰えです。

年齢を重ねれば筋力というのはどんどん衰えていきます。この筋力を年齢とともにキープしていかないと、腰椎をまともに支えることが出来なくなり、神経圧迫を引き起こしていきます。

そこで、脊柱管狭窄症を解消する方法、予防対策としてとても大事なのが、腰椎周りに筋力をつけること、そしてもう一つ大事なのは、崩れている体のバランスを整えることです。この2つを同時に改善させる方法としてお薦めなのがストレッチです。

ですが、ストレッチで脊柱管狭窄症を改善することはできる、と言うと、そんなはずないと思われる方は多くいると思います。その理由として、脊柱管狭窄症で悩んでいる方は、色々な治療法を試してもなかなか治らない方が大勢いるからです。

脊柱管狭窄症が治らないのはあなたが悪いわけではありません。悪いのは正しい治し方を知らない医師や施術家です。脊柱管狭窄症は正しいストレッチを実践すれば改善することはできます。

しかし、脊柱管狭窄症を治す正しいやり方を知っている医師や治療家が少ないために、患者さんは色々な治療法に惑わされながら、なかなか症状を改善することができないでいるのです。

もう一度言います、脊柱管狭窄症は正しいストレッチを行なえば治すことができます。

ですが、気を付けて頂きいのは自己流で決してやらないということです。よく、自己流で行ったことにより、症状が悪化してしまったという方がいます。これはほとんどの場合、間違ったやり方をしているがために、症状悪化を引き起こしています。

また、筋力をつける場合も同様で、正しいトレーニングを行わないと状態を悪化させます。決して激しい運動を行わなければならないということではなく、腰椎を補助できる程度の筋力をつければ、脊柱管狭窄症を改善することができます。

また、ストレッチは自宅にいながら出来ることもありますので、正しいやり方をしっかりと身に付ければ、脊柱管狭窄症を自宅で治すことも可能です。

そこで当サイトがお薦めするのが、「福辻式ストレッチ」です。福辻式は今までに延べ5万人以上の方が実践し、脊柱管狭窄症を自宅で治すことに成功しています。

福辻式の詳細は下記よりご覧になれますので、脊柱管狭窄症に長いこと悩んでいる方は、一度確認してみてください。きっとあなたのその辛い症状を改善するきっかけに繋がるはずです。


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.