脊柱管狭窄症を再発させない方法をご紹介していますので参考にしてください。

再発について

手術が成功したとしても、その後の日常生活の過ごし方によっては、脊柱管狭窄症が再発する可能性は十分にあります。

しかし、しっかりと対策をすれば、再発することなく日常生活を送ることが出来るようになります。


脊柱管狭窄症が再発する原因は、病状を発症したときと差程変わりません。つまり、体のバランスの崩れ、筋力の低下など、腰への負担を減らすことができず、再発を繰り返してしまうのです。

ですので、脊柱管狭窄症を再発させないためには、体のバランスを整えて、腰椎周りに適切な筋力を付けることが大事になってきます。

手術が終わると、まず理学療法士のもとでリハビリを行います。このリハビリをしっかりと行わないと、後々の治療にも響いてきますし、上手く歩くこともできなくなりますので、辛いかもしれませんが、リハビリはしっかりと行うようにしてください。

そして、リハビリをして体調が戻ってくれば、トレーニングや運動を積極的に行い、本格的に腰椎周りに筋力を付けるトレーニングを始めることです。

ですが、最初から全力でやると、病み上がりの体に大きな負担をかけることになりますので、段階を踏んで少しずつ運動量を増やしていきましょう。

そして、トレーニングを毎日続けていき、体のバランスが整い、腰椎周りに適切な筋力がついてくれば、再発の可能性は低くなってくるはずです。

また、少し良くなったからといって油断はせず、継続的にトレーニングは行うようにしてください。継続を怠ると、脊柱管狭窄症を再発するリスクがやはり高まります。

ですが、スポーツ選手のような体作りをするわけではありませんので、少しずつでもいいので、ご自身のペースで続けていくようにし、体を鍛えることを忘れないようにしてください。

このように、リハビリから継続的に運動やトレーニングをすることで、脊柱管狭窄症の再発は十分に防ぐことができます。

そして、当サイトでお薦めしている福辻式治療法は、脊柱管狭窄症の再発を予防するために最も適している治療法であると言えます。

脊柱管狭窄症を完治させ、二度と再発させないためには、体のバランスを適切に整えることと、腰椎周りの筋力強化が必要不可欠です。

そして、この2つを同時に盛り込んだ治療法が、この福辻式治療法なのです。実際、腰の痛みや足のしびれで長いこと悩んでいた大勢の患者さんも、この福辻式を実践したことで、短期間で病状が完治し、脊柱管狭窄症を再発しにくい体を手に入れることができます。

福辻式治療法の詳細は下記よりご覧になれますので、「脊柱管狭窄症を完治したい」、「二度と再発しない体を手に入れたい」、と思っている方は、福辻式治療法を実践することをお薦め致します。

きっと、この福辻式治療法があなたのその辛い、腰の痛みやしびれを改善するきっかけになるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.