脊柱管狭窄症の痛みを解消するなら福辻式ストレッチがおすすめです。

痛みについて

脊柱管狭窄症になると腰の痛みや足の痺れ、人によっては太ももの裏や足の先に痛みが出る方がいます。

脊柱管狭窄症の治療では、まず痛みをとることに集中します。また病院で薦められるのが鎮痛剤です。ロキソニンやボルタレンなどの薬を服用し痛みを抑えます。

また鎮痛剤は胃腸への影響が少なからずあるため、ムコスタなどの胃薬を同時に処方されることがほとんどです。薬は一時的に腰の痛みや足の痺れを軽減することはできますが、脊柱管狭窄症そのものを治すことはできません。

また薬に対する耐性がありますので、いずれは効かなくなってしまうことが多く、そうなるとより強い薬を飲まなければなりません。やはりできるだけ早く痛みをとって、運動療法を取り入れた治療をスタートさせることが大事です。

また薬以上に痛みを止めるために有効なのがブロック注射です。麻酔科やペインクリニックなどで施術を受けることができます。神経に作用して痛みの伝達をストップさせます。

しかし、神経ブロック注射によって痛みが必ず取れるわけではありません。神経ブロック注射はあくまで麻酔に過ぎません。麻酔が切れれば当然のことながら痛みは再発します。

また、上手く効果が作用すれば痛みをしばらく抑えることができますが、逆にブロック注射を打ったことにより症状が悪化してしまった、という方もやはりいます。

これは神経を打つ場所が繊細なため、少し場所がずれるだけで悪影響を及ぼしますので、治療をしてくれる医師の腕にかかっていると言えます。

また神経圧迫による坐骨神経痛であれば、神経根への高周波熱凝固法というブロック注射もあります。ブロック注射の中でも最も効きが強いと言われますので、症状が強い方はペインクリニックで受けることも可能です。

しかし、薬でもブロック注射でも脊柱管狭窄症の痛みを一時的に抑えることはできますが、どちらの治療もあくまで痛みを抑えるだけの一時凌ぎに過ぎず、どちらの治療法も脊柱管狭窄症を根本から治すことはできないということを知ってください。

脊柱管狭窄症を根本から治すには、運動療法が必要です。腰椎周りを補助するための筋力をつける、崩れている身体のバランスを整える、血流を良くする、この3つのことが脊柱管狭窄症を根本から治すには必要です。

このために必要なのが運動療法で、その運動療法でお薦めなのが当サイトでご紹介している「福辻式ストレッチ」です。

福辻式ストレッチでは、薬やブロック注射のような対処療法ではなく、脊柱管狭窄症を根本から治していきます。

また、薬や注射などは一切使いませんので、身体にかかる負担もありません。福辻式ストレッチでは、人間が本来持っている自然治癒力を利用して症状を改善していきます。

主なメインはストレッチになりますが、その他に腰椎周りの筋力強化、崩れた身体のバランス矯正、血流の促進などを同時に行い症状を改善していきます。

高齢者の間でも評判で、1週間程度で症状が改善したと喜んでいる方も多く、簡単なストレッチが基本になっていますので、若い方にも女性にもお勧めです。

もしあなたが、脊柱管狭窄症で悩んでいるのであれば、まず一度この福辻式ストレッチを実践してみてください。きっと、あなたを悩ませている腰の痛み痺れはこの治療法で改善できるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.