後天性脊柱管狭窄症を治したければ福辻式をお薦め致します。

後天性脊柱管狭窄症について

生まれながら脊柱管狭窄症になりやすい体質を持った人が病状を発症すると、「発達性脊柱管狭窄症」と診断されます。

そして、それに対となるのが「後天性脊柱管狭窄症」です。この後天性脊柱管狭窄症は、主に老化が原因で病状を発症します。

年をとると、筋力の衰えや、体のバランスの崩れ、その他様々な要因が重なって、腰椎が少しずつ変形していきます。

そうなると、脳から腰にかけて通っている脊柱管を圧迫するようになります。この脊柱管の中には人間の体を司る大事な脊髄神経が多く通っていて、この部分が圧迫を受けると、腰の痛みや足の痺れなど様々な症状が出るようになります。

また症状が酷くなっていくと、歩行困難、排泄障害など、日常生活が出来なくなるまで病状が悪化してしまうことがある大変怖い病気です。

基本的に若い年齢であれば、脊柱管狭窄症にはなりにくいと言えますが、日常生活で過度な負担を腰椎にかけたり、日頃全く運動をしなかったり、不摂生なを生活を長いこと続けていると、年齢が若くても脊柱管狭窄症を発症してしまう場合があります。

若くしてこの病気にかかった場合、「若年性脊柱管狭窄症」と診断されることになりますが、若年性のものでも、発達性でも、後天性でも、この病状を改善していく方法は一つしかありません。

それは、日常生活の改善を図ること、乱れている体のバランスを整えること、腰椎周りに筋力をつけること、この3つのことが脊柱管狭窄症を改善する上でとても重要になってきます。

どんな腰痛でもほとんどの場合、外傷性のもは少なく、日常生活の乱れによる筋力の低下、それに伴う体のバランスの崩れ、そして徐々に腰椎が変形をおこし、脊柱管を圧迫するようになっていきます。その結果、腰の痛みやしびれが出るようになります。

これを解消するには、まずは今まで送ってきた日常生活を見直した上で、乱れた体のバランスを整え、腰を補助するために腰椎周りに適切な筋力をつけることが求められます。

そして、この3つを同時に行えるのが、当サイトでお薦めしている福辻式治療法です。福辻式治療法では延べ50000人以上の腰痛患者さんが短期間で腰痛を解消しており、脊柱管狭窄症で悩む多くの患者さんも、腰の痛みやしびれを短期間で解消しております。

もしあなたが、長いこと脊柱管狭窄症で悩んでいるのであれば、まずは一度福辻式治療法を実践してみてください。きっと、この治療法があなたを長年苦しみ続けてきた、腰の痛みやしびれを解消するきっかけになるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.