腰曲げ休憩で悩んでいる方はこちらのページをご覧ください。

腰曲げ休憩について

腰曲げ休憩を解消する唯一の方法

腰曲げ休憩とは、腰を曲げて休憩しないと歩くことができない症状を言います。これは、脊柱管狭窄症の方によく見られる症状です。

脊柱管狭窄症とは、腰部の脊柱管が狭窄する病気のことを指します。これにより、神経の通り道が狭まり、馬尾や神経根が圧迫されます。

そうなると、最初は腰の痛みに始まり、足のしびれが起こってきます。そして、更に症状が悪化してくると、間欠性跛行という症状が表れます。

間欠性跛行とは、数百メートル歩くと腰を曲げて休憩しないと歩けなくなる症状で、100メートル歩けなくなったら医者の中では手術を薦める基準となっています。

この脊柱管狭窄症の主な原因は、加齢によるものがほとんどで、高齢者に多く発症します。しかし、最近では30代~40代の若い方でも発症する人が増えており、原因としては運動不足による筋力や腱の衰え、不規則な生活習慣が挙げられます。

数百メートル歩くのに腰を曲げて休憩しなくてはならなくなった場合、整形外科などでは手術を薦めることが多くなりますが、手術をしたとしても、完治できる可能性が至って低いのが、脊柱管狭窄症です。

脊柱管狭窄症の腰曲げ休憩を根本から完治させるには、体のバランスを整えて、適度な筋力を体にバランスよくつけることが大切になります。

腰椎を支えているのは筋力や腱です。この筋力や腱が衰えると腰椎を直接支えることが出来なくなり、椎間板や腰椎に直接負荷がかかってきます。

筋力や腱で支えられなくなった腰椎は、その負荷に耐え切れず、椎間板に直接悪影響を及ぼし、神経の通り道が狭まり、馬尾や神経根が圧迫されていくのです。

高齢者の場合は、加齢によって自然と筋力と腱が衰えていきますので、脊柱管狭窄症を発症してしまうのは年齢によるものとも言えますが、若い方が発症してしまうのは、日頃における自分の体のメンテナンスが出来ていない証拠だと言えます。

腰を曲げて休憩しないと歩けない、この症状はとても辛いものですし、長引けば長引くほど、日常生活にも影響を及ぼしていきます。

誰もが1日も早く解決策を見つけたいと思っていると思いますが、整形外科や接骨院、整体、カイロプラクティック、鍼灸治療など様々な治療を施しても、なかなか腰曲げ休憩の症状が改善されない方がほとんどだと思います。

その原因は、根本となるところを見逃している医者や施術家が多いのが原因です。先程もお伝えした通り、脊柱管狭窄症の腰曲げ休憩を根本から治すには、崩れている体のバランスを整え、体に適度な筋力をつけることです。

体のバランスが整い、適度な筋力がしっかりとつけば、筋力と腱で腰椎を支えていくことが出来るようになりますので、脊柱管狭窄症改善に繋がっていきます。

体のバランスを整え、体に適度な筋力をつける。治す方法はなんとなく理解できたけど、自分で実際に行うことは難しいと思っている方も多いと思います。

そこで、当サイトでお薦めしているのが「福辻式治療法」です。福辻式治療法では手術や薬などを一切使わず、体のバランスを整えることと、体に適切な筋力をつけることで脊柱管狭窄症を治していく唯一の方法です。

脊柱管狭窄症の名医である福辻鋭記先生は、脊柱管狭窄症の治療歴30年以上、施術実績が50000人以上、また、テレビや雑誌にも何度も紹介されているとても権威のある先生です。

もし、今すぐ脊柱管狭窄症の辛い痛みから解放されたいと思っている方は、福辻式治療法を実践してください。あなたのその辛い症状を改善する第一歩になるはずです。


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.