脊柱管狭窄症の症状でお悩みの方はこちらのページをご覧ください。

症状について


脊柱管狭窄症の基本的な症状は腰の痛みと痺れです。日常生活を送っている時にいきなり体に出てくることが多いです。

症状の大きさにもよりますが、酷い場合にはまともに歩くことが出来なくなります。そして、この腰の痛みや痺れは少し休憩することである程度治まってきます。

症状が落ち着くことでまた歩けるようにはなりますが、この状態を医学用語で「間欠性跛行」と言います。間欠性跛行とは、ある程度距離を歩くと、休み休みでなくては歩けなくなってしまう現象です。

そして、症状が進行するにつれ、歩ける距離の間隔が短くなり、最終的に少し歩くだけで動けなくなる状態になってしまいます。ここまで進行すると、まともに生活をすることが出来なくなってきますので、手術を選択肢に考えていくこともあります。

この脊柱管狭窄症が起こる原因としては、加齢による老化現象や血流阻害、体のバランスの崩れ、腰椎周りの筋力の衰えなどが挙げられます。

加齢により脊柱管が狭くなると、その狭くなった部分に血流阻害を起こします。また、日常生活の乱れによる体のバランスの崩れ、運動しないことによる筋力の衰え、このような要因が重なり、脊柱管狭窄症を発症していきます。

ですので、この部分を解決すれば腰の痛みや痺れを改善させていくことが出来るということなのです。

もし、あなたが腰の痛みや痺れに悩み、出来るだけ早く症状を改善させたいとい考えているのであれば、当サイトでは「福辻式治療法」をお薦めします。

福辻式治療法の詳細は、下記より別ページにてご説明しておりますので、一度ご確認ください。きっと、あなたが悩んでいる腰の痛みや痺れを改善する第一歩に繋がるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.