脊柱管狭窄症患者さんに試して欲しい治療法をご紹介。

治療方法について

脊柱管狭窄症の治療方法は多岐に渡り様々ありますが、状態が悪くなると整形外科などでは手術を行うことが多くなります。

では、手術は必ず行わなければならないのでしょうか。手術となってくると体に負担がかかるだけでなく、金銭的な面でも大変です。

また、手術を行ったとしても完治するという保証は一切なく、ほとんどの方が術後に再発してしまっているという悲しい現実があります。

そこで、最近では手術をしない治療というのが流行しています。まず、整形外科などでは薬や牽引などが主なものになります。

その他、民間療法では、接骨院、整体、マッサージ、カイロプラクティック、鍼灸などがあります。しかし、今お伝えした方法では、なかなか症状を改善させることは難しいと思います。

今、とてもお薦めなのがストレッチを使った治療法です。腰痛や痺れなどの主な原因は脊柱管が狭くなり、血流が悪くなってしまうことにあります。

そこで、ストレッチを行うことにより、血流を良くして、腰痛や痺れを和らげることが可能になるのです。病院などで行うリハビリ療法などの他にも、自宅などでも手軽にでき、脊柱管狭窄症に効果のあるストレッチがあります。

それが「福辻式ストレッチ」です。このストレッチを開発された福辻鋭記先生は脊柱管狭窄症の治療歴30年以上、施術実績が50000人以上、また、テレビや雑誌にも何度も紹介されている名医です。

また、このストレッチはご自宅で実践することができ、しかも1日5分程度の簡単な体操を行うだけで、腰の痛みや痺れを改善できるというものです。

このようなお話しをすると嘘をつくなと言われてしまいそうですが、まずはあなたの目で確かめてみてください。

そこにはこの方法で多くの患者さんが腰の痛みや痺れを改善され、喜びの声なども多数掲載されていますので、あなたの目で本物かどうかを見極めていただければと思います。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.