脊柱管狭窄症の原因について分かりやすくお話ししております。

原因について

脊柱管狭窄症を発症する原因は様々です。加齢による骨の変形、生まれつき脊柱管が狭い、外的要因など、非常に様々な理由で発症するため、具体的な原因を特定するのが思うように掴めない病気です。

生まれつき脊柱管が狭い人はごく稀で、多くは後天的な理由によって、この脊柱管狭窄症を発症しています。

後天的な原因で脊柱管狭窄症を発症する方は高齢者が多く、加齢による体の変化がこの病気になる一番の原因と考えて良いでしょう。脊柱管狭窄症の特徴の一つに各患者ごとに症状が異なることが多いと言う点が挙げられます。

脊柱管狭窄症の主な症状として、腰や脚の痛みや痺れがありますが、この痛みや痺れは神経が圧迫されることによって発生します。そのため神経が圧迫されている箇所によって、痛んだり痺れたりする箇所が変わってきます。

例えば、神経根という神経の根元が圧迫された場合は、右側の神経根が圧迫されたら右脚にでます。また、左の神経根が圧迫されたら左脚といった具合に左右ある神経根のどちらかが圧迫されているかで、症状が出る場所が大きく変わります。

また、脊柱管狭窄症は腰部に症状が出ることがほとんどですが、たまに頚椎に発生することもあったりと、同じ病気でも発生する箇所がまったく違うということも良くあります。

脊柱管狭窄症は若いころにスポーツや仕事などで激しく身体を動かしていたり、逆にまったく体を動かさずに同じ姿勢を繰り返していた方に多く発症すると言われています。

ですからまだ身体が若いうちはそうした生活を控えるようにし、日頃スポーツで負担をかけていると言う人は、運動後にストレッチなどをよく行って、体のケアを怠らないようにしてください。

また、まったく運動をしないと言う人は、ウォーキングなどの軽い運動を習慣化させるなど、日々の生活に気を配ることで、健康な身体を維持するように心掛けてください。

老後を健康的に毎日過ごすためにも、若いうちから体のケアをしっかりと行い、脊柱管狭窄症を発症させない体作りを目指してください。

脊柱管狭窄症は、正しいやり方で体のケアを行なえば発症することもありませんし、腰の痛みや痺れで悩むこともありません。

もしあなたが、脊柱管狭窄症による腰の痛みや痺れで悩んでいるのであれば、当サイトでお薦めする「福辻式治療法」を実践してみてください。

この方法で延べ50000人以上の方が脊柱管狭窄症を改善していますので、あなたのお悩みもこの福辻式で改善することができるはずです。

福辻式の詳しい内容は下記よりご覧になることができますので、腰の痛みや痺れをすぐにでも解消したいという方は、詳細を一度確認してみてください。


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.