脊柱管狭窄症が悪化してしまう理由について詳しくお伝えしています。

悪化する原因


脊柱管狭窄症の主な症状としては、長距離にかけて歩くと腰の痛み、足のしびれが強くなり、その結果、歩く事が困難になってしまいます。

しかしこの症状は少し休む事によって、ある程度回復するのが特徴でもあります。このような症状が出ても少し休めば回復するので、歳のせいだろうと思い込んでしまい、あまり深く考えない方が多くいます。

しかし、この脊柱管狭窄症の厄介なところは、症状が悪化すると排尿などにも影響が出てしまうところです。排尿や排便に影響が出てしまうというのは、自分の意志とは関係なく、排尿や排便を勝手にしてしまうということです。

イメージしたら理解出来ると思いますが、私生活において大変厄介ですし、精神的にも辛くなっていきます。

ただ本来ならこのような状態になる前にしっかりと治療をしておきたいものなのですが、私生活で腰に負担をかけてしまっていたり、運動をせずに筋力が衰えていけば、脊柱管狭窄症が進行するスピードは早くなります。

脊柱管狭窄症の治療を行っていても、そもそも日常生活に問題があったりすると、その事が原因で状態がさらに悪化することがあります。そしてここまで状態が悪化すると、手術も視野に入れることもあります。

ですが、手術をしなくても悪化した脊柱管狭窄症を改善する方法はあります。まず大事なのは日常生活を変えていくことです。日常生活を少し変えるだけで、脊柱管狭窄症は改善することができます。

脊柱管狭窄症の主な原因は、「加齢による骨の変形」、「筋力の衰え」、「体のバランスの崩れ」です。

日頃運動しない人は、歳をとるごとにどんどん筋力が低下していき、骨の変形が早まっていきます。筋力が低下すると、腰椎周りを補助するものがなくなります。そうなると、自分の体重を全て腰椎が負担することになり、その負担に耐え切れず、骨が変形を引き起こします。

腰椎の変形は加齢によるものと言われていますが、加齢により筋力が低下したことで、その負担を全て腰椎で受けることになり、骨を補修しようと体の防御反応が働き、変形を引き起こすのです。

ですので、腰椎周りにしっかりと筋力があれば、体のバランスが崩れることもありませんし、骨が変形することもなく、脊柱管狭窄症を発症することもないのです。

脊柱管狭窄症を手術しなくても治すポイントは、「体のバランスを整える」、「自分の体重を補助できる筋力を腰椎につける」、これをしっかりとやってもらえれば、脊柱管狭窄症は改善できます。

そして、今お伝えしたことを同時に行うことができるのが、「福辻式治療法」です。福辻式を実践していけば、体のバランスが自然と整い、必要な筋力を適切につけることができます。もちろん難しい方法ではなく、誰でも簡単に実践できる内容となっています。

もしあなたが、脊柱管狭窄症が悪化してしまい困っているのであれば、福辻式治療法を一度実践してみてください。きっと、あなたのその辛い腰の痛みや痺れは、福辻式で改善されるはずです。

→脊柱管狭窄症を治す 福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.