関連ページです。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ

関連ページについて

頚椎脊柱管狭窄症について

頚椎脊柱管狭窄症とは、腰部脊柱管狭窄症と同様に脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されることによって痛みや痺れが起こる病気です。原因としては、頚椎骨軟骨症や頚椎後縦靭帯骨化症などで起こるとされているようです。頚椎骨軟骨症は頸椎や軟骨(椎間板)の変形がもとでトンネルが狭くなり脊髄が圧迫される病気です。

頚椎後縦靭帯骨化症は頸椎を補強している靭帯組織のうち椎体後方、すなわち脊髄の前方に位置する後縦靭帯が骨組織になり、肥厚してくる病気です。 頚椎は頭と体をつなぐ大切な部位です。脳から命令を体全体に送るための脊髄であったり、気管、食道、心臓を動かす神経や頚動脈などの非常に重要な部分です。

頚椎損傷を起こせば、首から下が麻痺して寝たきりの状態になる場合もあります。ですから、頭痛や首の痛みを感じたらすぐにでも病院に行きましょう。症状としては、腕が重い、だるい、しびれる、力が入らないなどです。病院での診察は、まず首のレントゲンととります。MRIは予約が必要となりますので、どの病院でも初診のときは緊急性が無い場合はやりません。予約をとって後日となります。

レントゲンを見ながら、先生が首を回してみたり、握力を測ってみたり、腕を上げてみたりと確認をしていきます。首に問題があると確かに力が入りません。明らかに頚椎(首に)問題があると分かると、次はMRIの予約を取って大体初診は終わりではないでしょうか。あまり痛みがあるようであれば、痛み止めの薬を処方してくれます。

頚椎なので首だけに障害が発生するかと思いがちですが、下半身にも発生する場合もあるようです。腰部脊柱狭窄症と同じような症状も出る場合もあるそうです。歩き方が不自由になったり、歩行障害や排尿障害、手足のしびれなどがあって、腰をみてもらって異常が無ければ頚椎の疑いがもあるので、再度頚椎の診察もしてもらうべきでしょう。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.