関連ページです。

  • TOP
  • »
  • 関連ページ

関連ページについて

脊柱管狭窄症と合併症

脊柱管狭窄症の手術による治療は現在主流となっている保存療法よりもはるかに短期間かつ確実に症状を緩和する事が出来ることから、治療に時間を掛けたくない方や保存療法では追いつかないほど症状が進行している方が行います。

しかし手術による治療はどうしてもいくつかのリスクを背負い込むことになるため、病院側でも出来る限り保存療法で治療を行うように働きかけています。そんなリスクのひとつが合併症です。

脊柱管狭窄症は神経の通り道である脊柱管が何らかの原因によって圧迫されることによって痛みなどの症状を引き起こします。

その手術の合併症はどれも身体に様々な影響を与えるものとなるため、細心の注意を払って望まなければなりません。

例えばある程度の出血はどの手術にも起こりえるものですが、脊柱管狭窄症の場合術後極稀に血の塊が体内に出来てそれが新たに脊柱管を圧迫する事があります。

さらに輸血や薬、麻酔などによるショック症状などの合併症も気をつけなければなりません。これらの安全性はかなり高いものになっていますが、それでも万が一の事があるということは覚悟しておかなければなりません。

こうしたある意味時の運によって引き起こされる合併症の他にも、人為的なミスによって引き起こされる合併症もあります。

脊柱管狭窄症の手術は脊椎や神経といった重要な組織周辺で作業を行うことにもなるので、誤って神経や脊椎を傷つけてしまう場合があります。

もし神経に傷がついた場合は身体に障害が残る可能性もあるので、医師も細心の注意を払っていますが、中には経験の浅い医師や予期せぬトラブルが起こることもあるので決して安心する事は出来ません。

この他にも感染症や髄液漏れなど起こる可能性がある合併症はいくつもあります。もちろん合併症が起きないように様々な安全対策がなされていますが、絶対に起きないとはいえません。

手術によって脊柱管狭窄症を治療する時は合併症の危険があるということを良く覚えておいてください。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.