新着情報ページです。

  • TOP
  • »
  • 新着情報

新着情報

脊柱管狭窄症における手術のデメリットについて

脊柱管狭窄症の治療は保存療法による治療がメジャーとなっています。手術による治療はどうしても早く痛みを取り除かなければならない人や保存療法による治療ではとても治療しきれないような重症患者のみの限られています。

そのようになったのも手術による治療のいくつかのデメリットによるところが大きく、それらのことを考えると出来る限り脊柱管狭窄症の治療は保存療法で行った方が良いと医師が勧めるのもわかるような気もします。手術による治療のデメリットの一つは何より身体への負担が大きいという点です。

例えば椎弓切除術という手術法の場合は腰や首を大きく切開して脊柱管を圧迫してる椎骨の一部を削ったり切り取ったりすることで脊柱管の圧迫を解消することで治療を行いますし、脊椎固定術の場合は強い衝撃や経年劣化によってずれ込んだ椎骨をボルトや人工骨を用いて元の位置に固定したりと色々な箇所に手を加える必要があるので、身体にはそれ相応の負担が掛かります。

身体への負担が少なくなる手術法も考案されていますが、高い技術力が必要だったり治療できる原因が限定されていたりといった問題も残っています。さらに手術による治療は術後脊柱管狭窄症に再発しやすいといわれています。

その原因は椎骨に手を加えることによってその部位が脆くなってしまい骨に掛かる負担に耐え切る事が難しくなってしまうという手術による治療上仕方が無いことや、術後の生活改善を怠って骨に負担が掛かる生活を再び始めてしまうという自分の意思によるところなど様々です。

ですが、手術によって治療した方の多くが脊柱管狭窄症を再発させてしまっているというデータもあるらしく、健康のことを考えると手術による治療はあまり良い選択とはいえないのかもしれません。

脊柱管狭窄症の手術は病院側はあくまで最終手段として捉えており、治療の際は保存療法を勧める事がほとんどです。ですがそれは患者の健康を気遣ったものなので、よほどの理由が無い場合のみ手術による治療を選択するようにしたほうが良いでしょう。

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


Copyright © 2017 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.