脊柱管狭窄症専門サイト

脊柱管狭窄症を治す会について

「脊柱管狭窄症を治す会」とは、全国で脊柱管狭窄症に悩む方々を対象に、脊柱管狭窄症に関する正しい知識、治療法、その他様々な情報をお届けしているサイトです。

このサイトの目的は脊柱管狭窄症を病院や医師、施術家に頼らず、自分自身の力で治していくことを目的としています。

また、今までにこのサイトをご利用いただいた1000人以上の方が、当サイトでご紹介している治療法により、脊柱管狭窄症を自力で治すことができています。

まずは当サイトの各ページをご覧いただき、脊柱管狭窄症を治すための正しい知識、正しい治療法を知っていただければと思います。

脊柱管狭窄症を根本から治す治療法

脊柱管狭窄症とは、先天的に脊柱管が狭い人や、加齢によって骨が変質して脊柱管が狭くなった人に発生する病気で、特に加齢によって発症することが非常に多い病気です。

脊柱管狭窄症の代表的な症状としては、間欠性跛行があります。間欠性跛行とは、少し歩くと足腰に痛みや痺れが発生し、休み休みでなければ歩けなくなるという症状です。

この間欠性跛行は、よく老化現象の一つと勘違いされ放置されやすいのですが、放っておくと脊柱管狭窄症の症状がどんどん悪化していきます。

そしてほとんどの方は、この間欠性跛行がだいぶ進行してから、治療を始める方が多いのが特徴です。しかし、その頃にはかなり重度の状態になってしまっていることがほとんどです。

また、脊柱管狭窄症の症状として現れる痺れは、圧迫された箇所によって発生する場所が異なります。脊柱管の中には神経根という神経の根元部分と、馬尾という神経の束があり、神経根が潰れた場合は、神経に沿って脚に痺れや痛みが発生します。

神経根は左右に一本ずつあり、左右両方が潰れる場合もありますが、ほとんどはどちらか一方が潰れることが多いです。馬尾神経が潰れた場合は、神経根が潰れた場合よりさらに重い症状が発生します。

その場合、痛みや痺れは両方の脚に発生しますし、さらには麻痺や脱力感と言った症状まで表れます。さらにひどい状態だと、神経根と馬尾神経の両方が潰れると混合型と呼ばれる状態まで進み、上記の症状がまとめて出ます。

ここまで進むと痺れはさらに悪化して、排泄障害などの後々まで後遺症が残るような状態に発展する可能性もあるので、早急に治療する必要があります。

脊柱管狭窄症の治療には様々なものがあります。整形外科などでは、薬や湿布、牽引療法、それでも駄目なら手術を検討します。また、接骨院などでは電気やマッサージ、その他、整体やカイロプラクティックなど色々あります。

どの方法でも脊柱管狭窄症が改善されれば良いですが、なかなか改善されていかないのが現状です。その理由としては、どの方法も対処療法に過ぎないからです。

脊柱管狭窄症を根本から治す方法として、一番効果的なのは運動療法です。腰の痛みや痺れが出ているから安静にしていた方がよさそうに感じますが、いつまでも安静にしていると、腰椎周りを支えている筋肉や腱がどんどん衰えていき、骨に掛かる負担が増大してしまうため、更なる症状悪化に繋がります。

ですので、痛みや痺れが落ち着いてきたら、出来るだけ体を動かし、体のバランスを整え、腰椎周りに適度な筋力をつけていくことが、脊柱管狭窄症改善の早道です。

その方法を具体的にご説明しておりますので、脊柱管狭窄症を1日も早く改善されたい方は下記のボタンをクリックしてみてください。きっとあなたのその辛い腰の痛みや痺れが改善される第一歩に繋がるはずです。


メニュー

5万人の腰痛患者を救った
福辻式治療法はこちらから


更新情報



Copyright © 2016 脊柱管狭窄症を治す会 All Rights Reserved.